ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.528 口腔ケアリンクナース院内認定バッチ

【会社・団体名】獨協医科大学病院

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.528 口腔ケアリンクナース院内認定バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル+特色
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0809106
1006-A04栃木県

口腔ケアによって口の中を清潔に保つことは、虫歯や歯周病、口臭予防の他、感染症を防ぐなど健康面で様々なメリットがあります。栃木県にある獨協医科大学病院様では、3年前に病院内に口腔ケア委員会を設置。口腔ケアリンクナース認定制度を設けて年1回の認定試験や月1回の勉強会を開催し、看護師の方々へ口腔ケアに関して学ぶ機会を提供されています。看護師さんには、意外にも歯科のことについてカリキュラムが少ないため、知識と技術の普及活動に努めているとのこと。そこで、この度、啓発の意味も込めて、認定看護師になった方に授与するためにオリジナル・デザインによる「口腔ケアリンクナース院内認定バッチ」を製作されました。

実は、当社では以前、獨協医科大学様よりAED(自動体外式除細動器)の認知度をアップさせるための「PUSH! ピンズ」(実例No.428)の製作を承っていましたが、獨協医科大学病院のご担当者様も、ご依頼前に当社ホームページで実例紹介をご覧なっているうちにそのことにお気付きになったとか。そのため、当社製作のピンバッチの実物を手にとってご覧になった上でのご注文となりました。

デザインの上部に入っている「OCT」という文字は、「オーラルケアチーム」の頭文字。また、歯(大臼歯)と歯ブラシのモチーフと、健康な歯ぐきを連想させるピンク色をどうしても使いたかったとのことで、背景はピンク色が引き立つブルーグレーにされました。ご担当者様によると、「デザインからサンプル画を作って頂いた時点ではニッケル素材が良いかと思っていたのですが、実際にサンプルを作ってみるとゴールドフレームの方が良かったのでそちらを採用しました。紙の上だけではイメージが掴みづらい部分もありますので、サンプルを見て決めることができたのがよかったです。仕上がりにはとても満足しています。スタッフにも、“カワイイ”、“分かりやすい”と評判。さらに、ネームプレートに着けていると、“そのバッチは何ですか?どうしたら着けられるのですか?”と尋ねられることもあります」とのお話です。

「院内で別の目的でピンバッチを作る時には、またお願いしたい」とのお言葉も頂いており、医療現場での啓発活動やモチベーション向上にピンバッチは一役買っているようです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記