ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.677 スローガンバッジ

【会社・団体名】株式会社コムネット

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.677 スローガンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ18mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512027
1206-A06宮城県

世の中には「似て非なるもの」が色々とありますが、オーダーメイドアイテムを製作されるお客様が、作品に託す「メッセージ」と「スローガン」も、違いを聞かれると腕組みしたくなる言葉の1つです。この2つを直訳すると「メッセージ」は「伝言」や「挨拶」を指し、片や「スローガン」が意味するのは「標語」や「合言葉」。つまり、「メッセージ」の持つ訴求力を増幅させて、使う場面を特定したのが「スローガン」かも知れません。

宮城県東松島市で携帯電話の販売事業を営まれる株式会社コムネット様が、社長様とピンズファクトリーのご縁によってご依頼を下さったオリジナルグッズは、会社や仕事に対する誇りを10文字のアルファベットに凝縮させた「スローガンバッジ」。デザインは役員の方と担当者様が手掛けられたものだそうで、18mmの仕様には「I am COMMNET」の力強いフレーズが、仕上げのニッケルメッキから放たれる銀色の輝きに包まれます。

ユニークなのはバッジの装着が「自己申告制」だということ。我こそは「I am COMMNET」という信念をお持ちの社員の方なら、誰でも身に着けられて装着期間も決まっていないとか。コムネット様からは社章のご用命も頂戴しており、当社もピンズ専門メーカーとしての技術をフル稼働。情熱をイメージし、燃えるような赤で彩られた完成品は、スタッフをはじめとして関連会社の方々からも、インパクトやメッセージ性が感じられると評判だったそうです。
求められたイメージを長方形のスペース一杯に盛り込んで、品質の点でも申し分なしとなったバッジの出来栄えに、ご担当の方も「急なサイズ変更など、ご無理をお願いしたにも関わらず、迅速にご対応いただきありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します」と、大変ご満足そうなご様子。「これまで以上にスタッフ一人ひとりが会社の代表であるという意識を持てるようになったと思います」とのお声もいただくことができました。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記