ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズの工法

ピンズは素材・厚み・大きさ・工法・着色素材・型の組み合わせによって実に様々な表現が可能となります。そのピ ンズがいつ、どこで、誰に、どのように使われるのかによって求められる質感も違うため、その用途やデザインに合っ た仕様設計を行うことが必要になります。したがって工法を選ぶことは、ピンズ製作において最も重要な選択になります。


スタンププレス工法

デザインを金属の凸凹で表現するピンズの代表的な工法です。その金属の凸凹は深く、エッジが立つために、文字のような細かいデザインでも非常にはっきりと見える仕上がりになります。“ 抜き型 ” と呼ばれる金型の一種によって デザインの外郭を自由にカットアウトすることができます。メタル(金属)の厚みを生かした凸凹の金属線と自由カットの外郭線といったメタル(金属)だけでの表現の自由度と完成度は高く、その質感と表現力が非常に豊かな工法と言えます。その質感に重厚さを感じさせるため、品位の求められる社章や褒章にはこのスタンププレス工法が選ばれる傾向にあります。

プレス後にメッキを施すだけの表現もあれば、金属の凹部分に着色塗料(本七宝、合成七宝、ソフトエナメル)を入れて彩色を豊かに仕上げることもできるため、一つの金型で “ メッキのみ ” や “ 色違い ” などのバリエーションを製作することができるのもこの工法の特徴です。



【プレス〜着色工程の大まかな流れ】


①金型でプレスする


②金属プレートに凹凸ができる


③抜き型で抜いて
輪郭(外形)をつくる

④ピンズの原型が出来る


⑤メッキを施す


⑥凹部分に色を入れる

※着色にソフトエナメルを使用した場合は上記の5〜6のようにメッキを施してから色を入れますが、合成七宝の場合はその工程が逆で、色を入れてからメッキを施します。



スタンププレス工法は stamp(刻印)、press(押しつける)という名の通り、帯状の金属板に約 1t(トン)の力で金型を押しつけて(打ちつけて)刻印することで金属線を表現するため、金型はスタンププレス工法の再現性に関わる重要な鍵と言えます。

その金型は人間の手によって彫られています。金型を彫る機械もあり、デザインによっては機械での彫刻になりますが一般的には人力で彫られます。そのためイメージ通りにピンズを製作するには職人の熟練した技と経験が必要になってくるのです。

例えば細かいデザインなどで金属の凸凹線を細くすれば、金型を打ちつけたときにその衝撃で金属線が潰れてしまうし、太くすれば細かいデザインを再現できない。ピンズファクトリーのクライアントパートナーは 24 年超の経験からピンズ製作におけるそうした安全 / 危険範囲を駆使して製作をハンドリングすることで、お客様のイメージにより近いピンズをご提案しています。

そうしたピンズをイメージ通りに製作するために、ピンズ製作の工場において弊社専用の製作ラインを設け、各工程に熟練工を確保して配置することで安定した品質の供給に努めています。プレス工法の着色には主に、本七宝、合成七宝、ソフトエナメルを使用します。


スタンププレス工法で使われる主な着色方法

◆ 本七宝

  • ・歴史が古く最高級の着色方法。
  • ・1 色毎に 700〜800°Cで熱成し、その都度研磨を行います。
  • ・顔料はガラス系の天然鉱物を原料としているため、硬度に優れ、経年による色の劣化に非常に強い。
  • ・“ アナログ ” や “ アンティーク ” を思わせる独特の仕上がりで、力強い金属線や熱反りなどもそういった魅力の一つ。
  • ・選択できる色は限られます。(原料が天然鉱物のため)

(画像のピンズデータ)
工法:スタンププレス工法
着色:本七宝
メッキ:ニッケル
材質:銅合金


◆ 合成七宝

  • ・本七宝のような高級感のある仕上がりで、社章や褒章などの品位を求められる用途によく使われています。
  • ・エポキシをトナーにより調合し、生地に盛りつけて熱硬化後に研磨で仕上げます。
  • ・経年による色の劣化に非常に強い。
  • ・豊富なカラーバリエーション。

(画像のピンズデータ)
工法:スタンププレス工法
着色:合成七宝
メッキ:金
材質:銅合金


◆ ソフトエナメル

  • ・研磨してから色を差すので、金属線の細さが活きます。
  • ・豊富なカラーバリエーション。
  • ・透明エポキシ樹脂の有無や量で質感が変わります。

【エポキシなし】

(画像のピンズデータ)
工法:スタンププレス工法
着色:ソフトエナメル
メッキ:ブラックニッケル
材質:銅合金

【エポキシあり】

(画像のピンズデータ)
工法:スタンププレス工法
着色:ソフトエナメル
メッキ:ニッケル
材質:銅合金



実物を見てピンズの工法が分かる、工法別サンプルセットとピンズ資料(全12P)をお送りいたします。

▲ページの先頭へ