ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

プリント工法

金型を打ちつけて金属の凸凹でデザインを表現するのがスタンププレス工法ですが、プリント工法は紙に印刷するように金属表面にプリントするため金属の凸凹がありません。色と色の間に金属線が入らないために、複雑なデザインや細かい表現のロゴマークを忠実に再現する場合に適しています。

プリント工法はこうしたデザインの再現性の他に「コストが抑えられる」「納期が早い」という特徴もあります。多くの人に配布する必要がある、いわゆる “ バラマキ ” や “ ベタ付け ” などのノベルティとしての用途には選ばれる工法です。また真鍮、ステンレス、アルミからピンズの金属素材を選択することで、さらなるコストコントロールを行うこともできますが、完成品の質感や品位にも関係するデリケートな部分でもありますので注意が必要です。

オフセットプリント工法

CMYKのプロセスカラーによる色指定で、多色刷り(4〜5c 以上)やグラデーションのあるデザインに最適な工法です。 解像度は紙への印刷(350dpi)と同等のレベルです。



(画像のピンズデータ)
工法:オフセットプリント工法
着色:プロセス
メッキ:なし
材質:ステンレス


(画像のピンズデータ)
工法:オフセットプリント工法
着色:プロセス
メッキ:なし
材質:銅合金

レーザープリント工法

特色による色指定で発色が良く、視認性と耐久性に優れています。シルクスクリーンとタンポ印刷を併用するため、スタンププレス工法やエッチング工法と組み合わせた仕様にも適した工法です。



(画像のピンズデータ)
工法:レーザープリント工法
着色:特色
メッキ:ニッケル
材質:銅合金


(画像のピンズデータ)
工法:レーザープリント工法
着色:特色
メッキ:金
材質:銅合金




実物を見てピンズの工法が分かる、工法別サンプルセットとピンズ資料(全12P)をお送りいたします。

▲ページの先頭へ