CLOSE UP PINS WORLD vol.17「サービス介助士資格者用バッジ」 | PINS FACTORY (ピンズファクトリー)

Fax : 03-5441-7428

Mail : info@pins.co.jp

空港のお客様に信頼とおもてなしのスキルをさりげなく伝える資格章

株式会社ソラシドエア

定期航空運送事業等

笑顔がセールスポイントの九州生まれの航空会社

「空から笑顔の種をまく。」――。という、思わず朗らかに空を見上げたくなるフレーズをブランドプロミスとして掲げているのは、宮崎空港内に本社をおく航空会社、ソラシドエア様です。いつも明るくお客様に寄り添い、笑顔をひろげることがソラシドエア様のあるべき姿と考え、“親しみやすいおもてなし”、“地域の魅力や温かさ”、“心からの笑顔”で「また乗りたい!」と思われるサービスの提供を目指していらっしゃるのです。
ロゴマークは、人と人が向き合った笑顔のイメージ。ソラシド(SOLASEED)というチャーミングな響きの綴り一つ一つには、Smile(笑顔)、Originality(独創性)、Local Color(地域色)、Affection(愛情)、Satisfaction(満足)、Expectation(期待)、Earth(Eco)-Conscious (環境配慮)、Dream(夢)の各頭文字があてはめられ、これをポリシーとされています。
 このような一貫した理念のもとソラシドエア様は、航空会社として第一の使命である安全運航を原点とした上で、お客様へ提供する価値の向上や、地域社会への貢献につながるさまざまな活動や施策に取り組んでいらっしゃいます。

おもてなしの資格「サービス介助士」

ソラシドエア様が自社の地上旅客係員に推奨している「サービス介助士」資格の取得は、各スタッフのホスピタリティマインドを醸成するとともに、お客様満足のいっそうの向上を目的とした施策の一つです。
サービス介助士とはケアフィッター(Care-Fitter)ともいわれ、高齢者や体の不自由な方に対する手助けや介助、サポート方法などを学ぶ民間の資格で、受講者はそうした方々への感性を高め、「必要なことを、その人(相手)とその場にあったやり方でできる人」になるための講義と実践に取り組みます。
ソラシドエア様では、羽田空港に勤務している地上旅客係員全員がサービス介助士資格の取得を目指しており、2016年以降は毎年達成しているとのこと。羽田空港の旅客係員以外の資格取得は任意とされているものの、空港業務のサポート部門の方や、客室乗務員にも取得されている方が多くいるそうです。
こうしたおもてなしの資格を持ったスタッフ様が制服に装着し、その存在をお客様に知っていただくためのアイテムとして製作されたのが「サービス介助士資格者用バッジ」です。

安心と信頼のスキルをピンズでアピール

ピンズファクトリーへのご用命となったきっかけはインターネット検索で、「スピーディーかつ要望に忠実にお応えいただけると考えて依頼しました」とご担当者様。
製作にあたってはデザインソフトのイラストレーターを日常的に用いていらっしゃらなかったことから、PDFやJPEG形式のデータでのやりとりで臨機応変に進められました。
完成品はコーポレートカラーである「ソラシド ピスタチオグリーン」を基調として、中央に5つのハートが花びらのように配されたあたたかみのあるデザインで仕上げられ、丸みを帯びたかまぼこ型のフォルムからはやさしさが醸し出されています。
現在60~70人の資格取得者に配布され、日常的に着用されているというオリジナルピンズは、お客様をご案内するためのツールとしても大活躍しているご様子で、ご担当者様は「期待通りの効果が得られています」とご評価。弊社に対しても「細やかにご対応いただき助かりました」とのお言葉をいただくことができました。
空港のお客様へのアピールと信頼の獲得に、ピンズがささやかながらお力を添えています。

九州・沖縄の魅力を広める空恋プロジェクト

お客様を笑顔にするためのさまざまな施策を行う中でソラシドエア様は、九州・沖縄の航空会社として、地域とのつながりを大切にし、貢献することを自社の大きな役割と考えられています。
ユニークな取り組みとして展開されているのが、地域振興・機体活用プロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」(空恋プロジェクト)です。
空恋プロジェクトとは、ソラシドエア様で運航している機体に1年間、九州・沖縄の地名を表記して、その地域のPRに活用していただくというもの。そして機内では、その自治体独自のPRを展開。たとえばシートポケットに対象地域・自治体の情報誌を設置するとともに、オリジナルデザインのエプロンを着用したCA様による機内サービスで地域の魅力を発信しています。(※1)
2012年8月にスタートして、これまでに27の「空恋機」が運航されました(2020年9月現在)。
空恋パートナー(空恋プロジェクト参加自治体様)やOBパートナー様とは首都圏でオリジナルイベント「ソラシドエア グリーンスカイフェスタ」を開催し、九州・沖縄のPRを行うなど、活動はさらに広がります。
笑顔の種があちらこちらで花になっているようです。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、記事およびお写真のイメージが現状と異なる場合がございます。

※1.新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、機内サービスは一部休止しております。また、現在空恋エプロンを着用した機内サービスも休止しております。(9月1日現在)

Staff Comment

ピンズファクトリー
営業担当:吉野

グラデーションをしっかり表現し柔らかい印象を出したいという方針のもと、今回のピンバッジが完成いたしました。高齢化社会の進む日本において益々たいせつになっていく資格だと感じています。この資格章と共に「おもてなし」の心が沢山の方に伝わる事を祈っております。

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ