ピンバッジを飾る方法

額装ピンズとは

ピンバッジを飾る方法

 このページの概要

「つける」「かざる」「集める」がピンバッジの使い方の王道と言われていますが、「あの小さいピンバッジをどのようにかざれば良いのか」とその飾り方を悩んでしまいますね。ピンバッジメーカーであるPINS FACTORY(ピンズファクトリー)は額縁(フレーム)やスタンドケースやアクリルスタンドを一例としてお客様にご提案していますが、ここではそうしたピンバッジの飾り方を実際のオリジナルのピンバッジを作成された企業や団体様の実例も踏まえてご紹介いたします。

1.額縁(フレーム)を使った飾り方

額縁を使うと一気に豪華さが増してピンバッジにも特別な意味を醸成させることができるため、記念やプレミアム商品として利用されるピンバッジのパッケージとして選ばれることが多いです。ここでは額縁を使った「ピンバッジの飾り方」のご提案とお客様の実例をご紹介いたします。

額縁を使ったピンバッジの飾り方:ご提案例

例1:周年記念

企業や団体に深く関連のあるものをデザインモチーフとして集めてピンバッジを額縁にディスプレイします。周年記念の節目に額装に収納されたピンバッジを眺めて、スタッフが企業や団体の足跡を辿る機会となれば良いですね。 画像はPINS FACTORY(ピンズファクトリー)の20周年記念のピンバッジで、過去に製作したピンバッジをモチーフに周年記念日が訪れる月まで1ヶ月毎にピンバッジをリリースしながら周年記念の期間を楽しみました。

 カウントダウン形式の周年記念ピンバッジを見てみる
その1:【周年記念】

例2:プレミアム商品

プロ野球チームの選手、マンガやゲームのキャラクター、美術展の絵画や音楽アーティストのCDジャケットなど、一定のファンが確立されているフィールドで複数のピンバッジをまとめて額装して商品化するケースもよくご相談いただきます。シリアルナンバープレートと一緒に額縁(フレーム)に収めれば受注生産のピンバッジのプレミア感をさらに演出することも可能です。

ピンズレター 竹久夢二額

額縁を使ったピンバッジの飾り方:お客様の製作実例

実例1:「イベントに参加された代理店や大口取引先の方へのお土産として」

ノベルティとして作られたバッジは全部で何と10種類。製品写真からの丹念なトレースにより29mmサイズのピンバッジ用デザインが作成され、色注しとプリントを併用(多いもので11色を使用)して、細部まで見事に再現された「ミニショベルピンバッジ」が豪華な額装で用意されました。このオーダーメイドピンバッジならではの技術を存分に生かし、本物と寸分変わらぬ精巧な仕上げとなった完成品は、イベントに参加された代理店や大口取引先の方に対してお土産として手渡され、お客様だけでなく社内でも大変な人気で欲しがる人が多かったと伺っています。

掲載協力:コベルコ建機株式会社様

 コベルコ建機株式会社様の実例の詳細を見てみる
ミニショベルピンバッジ額 ミニショベルピンバッジ

実例2:「創立90周年記念を華やかに彩る額ピンバッジセット」

株式会社峰製作所様より創立90周年を記念し、「ゴールドサミット溶接ピンズ」・「鉄まくらぎピンズ」・「圧接クロッシングピンズ」の3つをご製作いただきました。中央下のゴールドのプレートには記念すべき日付が刻印され、よりいっそうのプレミアム感を引き出しました。

掲載協力:株式会社峰製作所様

創立90周年記念額 創立90周年記念

実例3:「歴史的な記録達成の記念品として」

完成品は朝日航洋様で運航される機種の中から、ヘリ10種と飛行機1種がそれぞれピンズとクリップマーカーに仕上げられ、黒い木製フレームにセットされたコレクション仕様。プレートに入った「1,000,000飛行時間達成記念」と「2008年9月」、それに社名のロゴマークがとても誇らしげです。細部にいたるまで忠実に再現されたピンバッチの記念品は、社内外を問わず大評判で、胸に付けていると興味を持っていただき、よく声をかけられるとか。

掲載協力:朝日航洋株式会社様

 朝日航洋株式会社様の実例の詳細を見てみる
100万飛行時間達成記念ピンバッチセット 100万飛行時間達成記念ピンバッチセット

▲TOPへ

2.スタンドケースを使った飾り方

プラスチック製のスタンドケースで額縁よりもカジュアルな雰囲気があります。またケース内に台紙を組み合わせることでピンバッジのデザイン性やメッセージ性を一層高めることができます。額縁と同様に、記念やプレミアム商品として利用されるピンバッジのパッケージとして選ばれるほか、社内スタッフの表彰のシーンで利用されるピンバッジのディスプレイにも選ばれています。

MP-5 スタンドケース、台紙入りケース画像

▲TOPへ

3.アクリルスタンドを使った飾り方

「く」の字型のアクリルスタンドにピンバッジを留めています。額縁やスタンドケースのようにピンバッジを覆うパッケージではありませんが、その分ピンバッジの質感やインパクトを直に感じられるディスプレイ方法です。台紙を使わず、直接アクリル部分へのデザインの印刷が、グレードの高さやスタイリッシュな印象を与えます。額縁とスタンドケースと同様に、記念やプレミアム商品として利用されるピンバッジのパッケージとして選ばれるほか、社内スタッフ表彰のシーンで利用されるピンバッジのディスプレイにも選ばれています。これも額縁ほどピンバッジの数が揃わない場合でも(1つでも)多用な用途で使用できる飾り方です。

アクリルスタンド、ピンズ付き画像

▲TOPへ

4.最後に注意点

ここでご紹介しました「飾り方」で使用するパッケージはピンバッジ製作の一環でお客様にご提案している例をご紹介しています。あくまでもオリジナルのピンバッジをご製作いただいた際に一緒にご注文いただいており、ご額縁(フレーム)やスタンドケース、アクリルスタンドを単体でのご注文は一切受け付けておりませんのでご了承ください。
また、上記でご紹介した方法以外にもピンバッジのパッケージは多数ありますので、オリジナルピンバッジ製作のご参考にご覧ください。

▲TOPへ

TOPへ戻る