ピンズ製作実例:No.1137 ダイスピンバッヂ

【会社・団体名】酒肴人

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法3D工法
着色なし
メッキ
サイズ10mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0217251
1810-A05大阪府

金色の光を放つお洒落なサイコロバッヂは実用OKな完全立体仕様

ピンズファクトリーにオリジナルアイテムの製作をご用命下さるお客様は、オーダーメイド専門のメーカーということで当社を指名するくらいなので、作品のデザインや仕様にも並々ならぬこだわりをお持ちの方ばかりですが、今回の実例紹介がお送りするのはその中でも特に突出した着眼点と発想で、過去に類を見ないユニークなピンバッヂの誕生秘話。ご依頼主は大阪府の本格バー「酒肴人(しゅこうじん)」様です。

大阪市北区の同店を経営していらっしゃるご担当者様が、お店で配るためのグッズとしてピンズに着目されたのは、バーの楽しみ方や遊びを復活させたいというお考えから。さらには、ご来店される人たちとコミュニケーションをとり、スマホいじりをやめさせる狙いもあったそうです。そして、このピンバッヂがそれらとどう関わっていくのかということについては、ご担当者様が3年にわたって温めてきた完成イメージが教えてくれました。

こうして誕生した「ダイスピンバッヂ」は、その名の通りサイコロの形をしたピンズで、角を丸めたフォルムには遊び心と趣が漂い、仕上げにオシャレで艶のある金メッキを使用。確かな品質を感じさせるその出来栄えには、ご担当者様も「good!」とご満悦です。実際にサイコロとして使うことができるピンバッヂは小粋な巾着袋に入れて当社から納品。因みにバッジとして着用されるのは主にパーティーや飲み会の席上だそうです。

「酒肴人」に来店される方々は30歳~50歳代が中心。性別は6:4で男性が多いとか。お仕事は多種多様ながら、皆さんに共通しているのは、こだわり屋で飲食好きな点。当社のスタッフを「信頼しているから」のお言葉で始まったピンズ作りは、多くのお客様を魅了する「ダイスピンバッヂ」の完成で幕を閉じました。「いつもありがとうございます」というご担当者様のコメントが、当社のパワーになったことは言うまでもありません。

(ピンズファクトリー談)

関連サイト

酒肴人 三昧人