ピンズ製作実例:No.1171 はびきの軽トラ市オリジナルピンバッジ

【会社・団体名】羽曳野市役所

  • ピンズ製作実例 羽曳野市役所の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキなし
サイズ16mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0518208
No.0518209
No.0518210
1910-A06大阪府

3色揃った販売用の小さなバッジは地域と人を結ぶイベントグッズ

どんなに優れたデザインツールを駆使しても、手書きの味わいを凌駕することは至難の業です。しかし、当社は今回のご用命でお客様とご一緒に、高くそびえるその壁への挑戦を敢行しました。ご依頼主は、当社が大阪府羽曳野市のご当地キャラクター「つぶたん」のピンズを過去にご製作させていただいたことからご相談下さった、大阪府の羽曳野市役所様です。同市に因んだ今回の新たな作品は、毛筆文字が目を引く色違い3種のバッジ「はびきの軽トラ市オリジナルピンバッジ」です。

住民の代表として市政を推進する羽曳野市役所様では、地元の特産品を販売する物産市「はびきの軽トラ市」を、平成25年より市内各所で実施していらっしゃいます。この事業は生産者と消費者のやり取りが可能で、地域の方々と盛り上がることを何より大切にし、多くの場所に足を運んでいただきながら、その良さを感じていただけるよう、「スタンプラリー」も開催される一大行事。バッジはこのスタンプラリーのプレゼントとして活用されました。

ご担当者様のお話では大きめのピンズを作ったことはあるそうですが、サイズは一般的なものよりも小ぶりな16mmという仕様で、ここに「軽トラ市」の手書き文字を入れ、色違いの3タイプをご製作されるとあってその部分では非常に気を使われたとか。一方、当社はお客様のそんな懸念を、こまめなやり取りと技術で払拭しました。仕上げの異なる緑・赤・青のオーダーメイドバッジは、こうして無事に誕生の瞬間を迎えることとなりました。

出来上がったバッジをご覧になったご担当者様は、その出来栄えや品質にも大変ご満足いただけたようで、「レスポンスが非常に早いため、予定通りに納品いただけた」と、当社の対応にもお褒めのお言葉をお寄せ下さいました。令和元年度は同市の百舌鳥・古市古墳が世界遺産に登録された節目の年でもあります。開幕から半年が過ぎたスタンプラリーではバッジを全て集めた方も多いそうで、通年開催のイベントの参加者数増加にも役立ったようです。

(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ