ピンバッジ製作実例:特定医療法人 大阪精神医学研究所 新阿武山病院

Fax : 03-5441-7428

Mail : info@pins.co.jp

ピンズ製作実例:No.1189 病院章

【会社・団体名】特定医療法人 大阪精神医学研究所 新阿武山病院

  • ピンズ製作実例 特定医療法人 大阪精神医学研究所 新阿武山病院の画像
  • ピンズ製作実例 特定医療法人 大阪精神医学研究所 新阿武山病院の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ15mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.2119006
2002-A09大阪府

組織のシンボルマークをかたどった記念ピンズで受賞の喜びを還元

ピンズは徽章として捉えることもできるアイテムなので、オフィシャルシーンでも様々なものが活用されています。特に「社章」は当社のホームページでも別枠で掲載するほどポピュラーな存在ですが、今回の製作実例でご紹介するのは「病院章」と名付けられたオーダーメイドピンズ。この作品が誕生したのは当社と直接やり取りしていたご担当者様が、いくつか賞を授与されたことで記念に何か残せないかとお考えになったのがきっかけでした。

ご依頼元の特定医療法人大阪精神医学研究所新阿武山病院様は、ご担当者様が看護部長として勤務していらっしゃる医療機関。大阪府高槻市にある同院では臨床研究をはじめとして、高度な専門性を生かした精神医療が行われています。ご担当者様が病院とスタッフへのお礼も兼ねて還元したかったというオリジナルピンズのデザインには、今まで同院に「院章バッジ」がなかったことからシンボルマークがモチーフとして取り上げられました。

ピンズファクトリーへのご依頼をお決めになったご理由は、過去に当社の製品を購入されたことのあるスタッフさんが、「品質が良い」との情報を提供して下さったことだそうで、これは当社にとってピンズが橋渡ししてくれた新たなご縁。大きなエネルギーをいただいて動き出したピンズ作りは合成七宝+金メッキ仕上げの完成品で結実し、ご担当者様からの「対応が丁寧で気持ち良かったですよ」という大変嬉しい評価にもつながりました。

評判も非常に良いという病院章は役職者や貢献者に加え、論文を発表された方などに随時お渡ししていく予定だとか。ご担当者様が直径15mmの丸い仕様に込めた想いは、その小さな姿を通して確実に伝わることでしょう。

(ピンズファクトリー談)

関連サイト

新阿武山病院

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ