ピンズ製作実例:No.1192 CIロゴ・バッジ

【会社・団体名】戸田建設株式会社

  • ピンズ製作実例 戸田建設株式会社の画像
  • ピンズ製作実例 戸田建設株式会社の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ16.5mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1519076
2005-A10東京都

誕生したばかりのCIロゴマークが一体感と企業姿勢を表すバッジに変身

オリジナルの販売グッズや資格を表すライセンス章など、オーダーメイドピンズは様々な役割や用途を担いますが、身に着けること自体が重要な意味を持つものもあります。東京都中央区の戸田建設株式会社様が製作されたのは、まさに「装着」そのものが目標達成につながる作品。同社が創業140周年をお迎えになる2021年を目前に控えて誕生したのは、繊細なデザインを透明色とニッケルメッキで仕上げた「CIロゴ・バッジ」です。

「喜びを実現する企業グループ」を目指す同社が展開するのは建設業。バッジのモチーフは記念事業の一環として2019年4月に制定されたグループのロゴマークです。完成品の任務はグループ全体の一体感をさらに高め、グループとしての企業姿勢を社内外に発信すること。数多くの実績があることと豊富な仕様や工法に加え、求めるものを提案してもらえるとお考えになったのが、ピンズファクトリーをご指名下さったご理由だそうです。

今回のバッジ作りで最大の難所となったのは再現性。ご担当者様はスーツなどに着けた際、丁度良く収まる大きさにすることや、色分けするのに大変苦労されたそうで、複雑なロゴを相手に奮闘されたご様子。また、品質面では高級感や特別感を醸し出すため、合成七宝を使うなどの工夫もされました。こうして険しい山をいくつも越えたバッジは勤務時に全社員が着用し、遠目に同社のものだと認識できることもあって非常に好評だそうです。

「何度も当社に足を運んでいただいただけでなく、数種類のサンプルを製作して下さるなど、細かいオーダーにも親身にご対応いただきました」とのお声を掛けて下さったご担当者様。「140年にわたって積み重ねた実績を基に、安心・安全・快適な社会づくりに貢献する」という同社の決意は、バッジがセットされた黒い台紙の裏面にも「Orchestrating Innovation」のデザインコンセプトと共に込められています。

(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ