ピンズ製作実例:No.1208 関東学院ピンバッジ

【会社・団体名】学校法人関東学院

  • ピンズ製作実例 学校法人関東学院の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色特色
メッキニッケル
サイズ15mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0519110
2006-A08神奈川県

建学の精神を宿したエンブレムピンズ

このロゴマークは、関東学院を象徴する色であるオリーブグリーンを基調とし、創立の地である横浜・神奈川の海をイメージしたブルーを組み合わせたデザインになっています。下段には波をかたどった文様を配置し、中央の7枚のオリーブの葉は、六浦こども園、のびのびのば園、六浦小学校、小学校、六浦中学校・高等学校、中学校高等学校、大学までの全7校を表しています。今回は、特別な思いが込められたデザインのオリジナルアイテムとなった「関東学院ピンバッジ」をご紹介します。

関東学院様の源流は、1884年、横浜山手の地に横浜バプテスト神学校として創立されたことにはじまります。港を見下ろす丘の上、わずか5人の学生とともに歴史をスタートさせたその日から、キリスト教の教えに基づいた奉仕の精神が根底に息づき、現在では認定こども園から大学院まで、約1万5千人が集う総合学園として、キリスト教の精神に基づき校訓である「人になれ 奉仕せよ」を掲げ、人間教育に取り組んでいらっしゃいます。こうした中、関東学院全体のシンボルマークを身に着けることによる対外的な信頼度や知名度の向上、さらに、教職員の結束の強化が図られることをねらいとして、ピンズを製作されました。

スクールカラーは、オリーブにも通じる「関東学院グリーン」。この深みのある緑色と白色の再現性が、本発注前のサンプルで忠実に確認でき、また品質も良かったことがピンズファクトリーへのご用命の決め手になったとお聞きしました。完成品は役員の方からも好評をいただき、式典時に着用されているそうです。また、弊社スタッフに対しては、「レスポンスが速く、情報共有もスムーズに、とても丁寧に対応していただきました」とのお言葉をいただくことができ、品質とサービスともご満足いただけたご様子でした。

キリスト教の精神を宿したピンズが、関東学院様の実践する「人間教育」に寄り添うとともに、その普遍的な価値をより多くの人に伝えられますように。
(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ