ピンズ製作実例:No.1214 消防資格バッチ(三種類)

【会社・団体名】株式会社連邦警備

  • ピンズ製作実例 株式会社連邦警備の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ20mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1619070~72
2003-A11東京都

資格を表す3つのバッチはモチベーションアップも担う複合ツール

資格の認定や取得を表すピンズには、有資格者であることの証明以外にも、色々な役割や機能が要求されるものです。企業の安全を実現するスペシャリスト集団としての実績を重ね、ユーザーから厚い信頼を獲得し続けている株式会社連邦警備様も、テイストの異なる3種類の仕様が誕生した「消防資格バッチ」に、社員のモチベーションアップや社外に向けてのアピール効果など、単なる認定ツール以上のスペックを期待していらっしゃいました。

同社が東京都品川区東五反田で設立されたのは1968年のこと、2015年には同じ品川区の平塚に本社を移転して現在に至ります。今回の作品が示すのはいずれも任意で取得可能な国の認定資格で、同社が資格の認定に対する報奨金制度を設置していることもあり、社員の方々は積極的な姿勢で取得に向けて取り組んでいるとか。バッジを製作された目的は皆さんのそんな努力をオリジナルアイテムという形にして報奨金に加えるためだそうです。

ご用命のきっかけはネット検索で見つけた当社の製品が、探し求めていた用途や品質などの条件にマッチしたこと。社内で作成されたというバッチのデザインはご担当様が自ら手掛けたものだそうで、グリーンを基調にした「防災センター用」と鮮やかな赤が目を引く「自衛消防用」、そして白地にブルーの十字を組み合わせた「上級救命用」の全3タイプが揃い、それぞれの資格と「RENPO」の社名を入れた濃紺の外周が統一されました。

仕上げの色で資格が容易に判別できる完成品は、視認性に優れたオーダーメイドバッチとなり、ご担当者様も「効果は出ていると思います」と、ご満足そうなコメントをお寄せ下さいました。組織による資格の取得や認定の奨励は今や珍しいことではなくなりました。同社が警備理念に掲げるのは安心・安全・快適・便利。3つのピンバッチを着けた社員の方々が、重い責任と熱い使命感を胸に携えつつ、日々の業務に赴く姿が見えるようです。

(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ