ピンズ製作実例:No.1237 校章

【会社・団体名】入間看護専門学校

  • ピンバッジ制作実例 入間看護専門学校の画像
  • ピンバッジ制作実例 入間看護専門学校の画像

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色なし
メッキ2トーンメッキ
サイズ22mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1619148
2006-A04埼玉県

周年記念を兼ねた母校のシンボルは開校年も入ったメモリアル仕様

ピンズのカラーリングには本七宝や合成七宝をはじめとして、ソフトエナメルにオフセットプリント・レーザープリントなど、素材の持ち味や品質を生かすための様々な手法がありますが、意外に少ないのが数種類のメッキを組み合わせ、それ以外の色は仕上げに使用していない作品。こうした仕様は公的な場面で活用されるものに多く、埼玉県の入間看護専門学校様が製作されたピンズも、着色に2種類のメッキのみを使ったアイテムでした。

中央に「入」「看」「専」の字が配置された「校章」は、同校の全教職員と学生に配布されるオフィシャルグッズ。今回のご用命は当社のホームページをご覧になったのがきっかけだそうで、製品のサンプルもご依頼をお決めになる際の大きなポイントだったとか。ご担当者様によれば校章は以前からあったとのことですが、30周年を迎えるに当たって開校された年が分かるように、「SINCE 1990」の文字を入れたかったそうです。

リニューアルという変革を受けて誕生した新たな校章は、漢字を彩る金メッキと他の部分を包むニッケルメッキが、互いに主張する2つのパートをバランスよくまとめ上げ、重厚な雰囲気も併せ持つオリジナルピンズとなりました。一連の作業は当社もお手伝いさせていただきましたが、ご担当者様に不安や懸念がなかったか尋ねてみると、「サポートを受けていたので苦労はしなかった」と、とてもありがたいコメントを返して下さいました。

ファッション用語に2つの素材で作られた靴やバッグを指す「コンビ」という言葉がありますが、直径22mの丸い形を2色のメッキが包むオーダーメイドピンズにはこのコンビの魅力が満載。完成品は式典などの際に着けていらっしゃるそうで、メモリアルグッズとしても評判は上々だったとか。ご担当者様からは「丁寧な対応をしていただきました」とのお声をいただく事が出来、当社の仕事ぶりとピンズの出来栄えにご満足いただけた様子でした。

(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ