ピンバッチ製作実例:公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

Fax : 03-5441-7428

Mail : info@pins.co.jp

ピンズ製作実例:No.1257 ボランティア活動継続10年記念ピンズ

【会社・団体名】公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

  • ピンバッチ製作実例 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色なし
メッキ
サイズ30mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1019160
2011-A03東京都

病気と闘う子どもと家族に寄り添い続けている証のバッチ

記念品としての用途で製作されることも多いピンズですが、このたびは記念品であるとともに、お礼の気持ちや褒章としての意味も含まれ、そして受け取った人の気持ちを励ますかけがえのないアイテムになっているピンズのご紹介です。

日本全国に病気と闘う子どもは約14万人いるとされています。ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン様は、そうした子どもとそのご家族を、病院のそばに付添い用の滞在施設を設置、運営することで支援されている公益財団法人です。全国11カ所の施設は地域のボランティアスタッフで運営され、運営にかかる費用は社会からの募金と寄付で支えられています。活動継続10年を迎えるボランティアへの記念品としてピンズを製作されました。

ピンズファクトリーへのご依頼は、前任のご担当者様がWEBで検索し、品質・価格が適正と判断したためとのこと。デザインは、小さな家とつないだ手が描かれた同財団のロゴマークをモチーフとして、その横に「10 years」の文字が大きくレイアウトされたオリジナルのイメージです。ピンズファクトリーは、銅合金の素材に金メッキを施し、落ち着いた光沢のあるバッジに仕上げました。該当のベテランスタッフに贈られた完成品は、「報酬の無いボランティアにとってプライスレスな特別なものとなっています」とのこと。ピンズによってモチベーションの維持につなげたいというご担当者様の目的はしっかり果たされているようです。弊社スタッフについても「丁寧に、スムーズにご対応いただいております」とのお言葉をいただき、続けて別デザインのピンズ製作も承ることになりました。

「ボランティア活動継続10年記念ピンズ」がスタッフの皆さまの励みとなるとともに、少しでも多くの病気のお子様とそのご家族があたたかい笑顔に包まれますように。

(ピンズファクトリー談)

無料サンプルを請求する お見積りを請求する ピンズ製作のお問い合わせ