ピンバッジ制作実例:医療法人社団善仁会 小山記念病院

ピンズ製作実例:No.1292 院内認定バッジ

【会社・団体名】医療法人社団善仁会 小山記念病院

  • ピンバッジ制作実例の画像 医療法人社団善仁会 小山記念病院様

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色プロセス
メッキ
サイズ25mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1919074
2005-A17茨城県

医学の象徴と十字のマークを合体させたバッジで認定の取得を証明

企業や団体としてオーダーメイドグッズをご用命下さるお客様の中には、組織の内部に当社をご利用された「経験者」がいらっしゃることもあり、こうした方々のお口添えによってご依頼が決まる案件も少なくありません。今回の実例でご紹介する「院内認定バッジ」という作品は、茨城県鹿嶋市の医療法人社団善仁会小山記念病院様が、院内の資格制度で取得認定を受けた人に贈る認定証明ピンズ。当社へのご依頼はホームページから他社に比べて信頼できそうな印象を受けたことともう1つ、同院にも別件で過去にピンズファクトリーをご利用になったスタッフさんがいらしたことだそうです。

ベースとなる直角三角形の角を丸めることによって尖った部分をなくし、装着した時の安全面にも配慮されたオリジナルバッジのモチーフは、ギリシャ神話にも登場する医学のシンボル「アクレピオスの杖」と、爽やかなグリーンを基調にした同院のロゴマークを組みわせたもの。プリント工法を用いて滑らかなグラデーションを再現したバッジは非常に好評だそうで、ご担当者様も「長く使う物なので、満足できるバッジが出来て良かった」と、完成品に対するご感想を嬉しそうに述べて下さいました。

茨城県の東南部に当たる鹿行地域の中核病院として人々に寄り添う同院は、一般病床194・地域ケア病棟30床を擁するケアミックス型の医療機関。デザインの細かさに苦戦しながらも試作の段階へとたどり着き、院内認定を取得した皆さんの自信と誇りをかたどったバッジは、その仕様や品質も提供する医療に相応しいものとなりました。ご担当者様は当社に「苦労をかけてしまった」と感じていらしたとのことですが、その後に掛けて下さった「どんな時も丁寧に対応して下さった」というお言葉は、バッジを受け取った認定取得者の方々に負けない感激を当社にもたらしてくれました。

(ピンズファクトリー談)

 無料サンプルを申込む  見積り(無料)を依頼する  ピンズ製作のお問い合わせ