ピンズ製作実例:No.1318 コロナワクチン接種済みピンズ

【会社・団体名】櫻井 良生 様

  • オリジナルピンバッジ製作実例|櫻井 良生 様

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色なし
メッキニッケル
サイズ25.5mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0121025
2108-A03 兵庫県

周囲に示す安心のサインと未来に馳せる希望の想いをピンズで表現

何かの「証」として使用するピンズには、実力を評価するための「表彰バッジ」や、取得した資格を表す「認定章」などがあり、どちらも当社の製作実例ではおなじみです。しかし、櫻井 良生様のピンズは、証明することを目的としながらも、これらとは性質の違うものでした。作品の名は「コロナワクチン接種済みピンズ」。櫻井様がご自身の中にある想いを形にすべく、当社に託して下さったオーダーメイドアイテムです。

櫻井様がこのピンズを製作された理由は、ワクチンの接種を証明することで「疑心暗鬼」や「警戒心」を和らげ、人々の心を少しでも軽くするため。数年前に所属団体の資格章をご依頼下さった際、デザインや企画力に大きな信頼を持ったそうで、そんなご縁から再び当社にお声が掛かりました。このピンズはワクチンの接種を済ませた人に着けてもらうためのもので、注射器が描かれた丸い仕様を囲む赤い帯にもそのことが明記されています。世界が新型コロナウイルスの脅威に晒されて約2年。ピンズは櫻井様が日常生活の中で明示できるツールとして考案されたオリジナルの証明グッズでした。

因みに海外では既にこうした「ワクチン接種の証」が販売されているそうで、櫻井様は今回のピンズについても広報を含めた販売方法をご検討中とのこと。「今後はバリエーションの追加もあるかと思いますが、いつもハイセンスなご提案をいただくので安心です」との嬉しいコメントも頂くことが出来ました。とにもかくにも誕生まで無事にこぎつけたピンズは、丁寧な仕上げや品質にもご満足いただけたようで、当社としてもご期待に応えることが出来て一安心。最後は「前回に引き続き大変お世話になりました。色々と兵站支援していただき感謝しています」というお言葉で締めくくられました。

(ピンズファクトリー談)

 無料サンプルを申込む  見積り(無料)を依頼する  ピンズ製作のお問い合わせ
   TOPへ戻る