ピンズ製作実例:No.1478 コンシェルジュバッジ

【会社・団体名】株式会社ツヅキ

  • オリジナルピンバッジ製作実例|株式会社ツヅキ 様

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキブロンズ
サイズ25mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1322006
2303-A11 千葉県

匠の技を象徴するプロの証は新たな姿に生まれ変わった資格バッジ

お気に入りの洋服はいつまでも着続けたいものですが、サイズが合わなくなったり破れやほころびが生じたり、長い年月が経過すると色々な悲しい変化も起こります。しかし、諦めることはありません。写真のピンバッジをご用命下さった株式会社ツヅキ様は、小売店で販売されている衣料品の補正やリメイクをはじめ、小物や衣装の製作に加えて靴や鞄の修理も手掛ける業師集団。その手にかかれば愛用の品々にも新たな命が吹き込まれます。

同社のオフィスがあるのは千葉県柏市。当社のことは資格章の製作を依頼できる業者をネットで検索していた時、過去の様々な作品が掲載された実例紹介をご覧になって知ったそうで、要望に沿うものを作ってくれると判断されてお声を掛けて下さったとか。同社では2012年から「洋服のお直しコンシェルジュ」を育成する社内試験を実施していて、当社が承った「コンシェルジュバッジ」は合格者にオリジナルの資格章として贈られます。

因みに資格章はコンシェルジュテストがスタートした当初から配布していらしたとのことですが、製造元の企業が廃業してしまったことを受けて10年の時を経て一新する運びとなったのだとか。以前のものはシルバーの単色仕上げで、洗練された美しさと清潔感があるものの、ヒンヤリとした冷たさも感じられたため、今回はブロンズメッキに青と白を合わせ、ボタンや糸と針をモチーフにするなど、事業に深く関わるデザインとなりました。

実を言うとバッジの誕生までに要した期間は約1年。これは新型コロナウイルスの影響でテストが中止されていたからでした。新たな仕様に上品なイメージとオーダーメイドならではの品質が息づく完成品は「かわいい」と評判だそうで、「1年以上お待たせしていたにも関わらず、気持ち良く対応して下さいましてありがとうございました」と、作業の再開を心待ちにしていた当社へのお気遣いも含む大変ありがたいコメントをいただくことが出来ました。

(ピンズファクトリー談)

 無料サンプルを申込む  見積り(無料)を依頼する  ピンズ製作のお問い合わせ
TOPへ戻る