ピンバッジ製作実例:辻調グループ校友会コンピトゥム

ピンズ製作実例:No.1540 コンピトゥム会員ピンバッジ

【会社・団体名】辻調グループ校友会コンピトゥム

  • オリジナルピンバッジ製作実例|辻調グループ校友会コンピトゥム(辻調理師専門学校) 様

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキサテンゴールド
サイズ19mm

ピンズの工法についてはこちら

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.2723118
2402-A06 大阪府

母校と卒業生との絆を小さな丸い形に凝縮したオリジナルのメンバーバッジ

ピンバッジを作る際、全体のイメージを決定づける工程があります。この時に施されるのが、高級感や重厚な趣を演出する「メッキ」や、七宝やソフトエナメルなどによる「色差し」となります。この度、大阪府の辻調グループ校友会コンピトゥム様が製作されたのは、金メッキと合成七宝を用いた「コンピトゥム会員ピンバッジ」です。用途は同会のメンバーに対する帰属意識の醸成と、催事の際に使うオリジナルのイベントグッズとして製作されました。

同会は調理師および製菓衛生師を養成する専門学校の卒業生で構成された組織で、事務局が置かれているのは大阪市阿倍野区の学校内とのこと。今回ピンズファクトリーにお声を掛けて下さったのは、会員さんから当社を紹介されたことがきっかけなのだとか。名称の「コンピトゥム」は「四つ辻」や「出会いの場」を指すラテン語で、規模の大きな同校にぴったりのネーミングというだけでなく、学校名の「辻」に因んでいるところなどもこだわりを感じさせます。

直径19mmの仕様となったオーダーメイド作品のデザインは、中心に同会のロゴマークが黒で大きくあしらわれたシンボリックなものとなっています。外周の下半分は4分の1にセパレートされており、組み合わせによって(扱っている料理や菓子の母国である)フランス・イタリア・中国・日本の国旗がイメージできるように、赤・青・緑・白の4色で彩られています。ロゴの入ったその周囲の外円は上品な輝きを放つサテンゴールドメッキが包み、ピンバッジにさりげない高級感を与えてくれました。

ご担当者様によれば、ご製作の際、デザインをプロに頼むことは考えていなかった為に会員の方々から寄せられる様々な意見や要望の集約が大変だったのだとか。そんなご苦労の末に誕生したピンバッジは好評を博しているそうで、「綺麗に仕上げていただきました」というご感想や、「親身になって相談に乗っていただきました。厳しい納期も間に合わせていただきました」とのお言葉を頂戴する事が出来ました。会員ピンバッジが皆さんを結ぶ固い絆の象徴になる事を願っております。

(ピンズファクトリー談)

 無料サンプルを申込む  見積り(無料)を依頼する  ピンズ製作のお問い合わせ
TOPへ戻る