周年事業 周年記念バッジの製作 | オリジナルピンバッジ製作 PINS FACTORY (ピンズファクトリー)

周年記念バッジ(ピンバッジ、ピンバッチ、ピンズ)の製作

周年記念バッジ(ピンバッジ、ピンバッチ、ピンズ)の製作

周年記念品によって企業イメージや信頼感がつくられる

これまでPINS FACTORYは様々な企業や団体様の周年記念に関するバッジ製作を、1,000事例以上お手伝いしてまいりました。その中で得られたお客様の声と経験をもとにして、周年記念事業の記念品を選ぶ重要なポイントをまとめてみました。これから10周年、50周年、あるいは100周年、またはもっと先の周年記念事業の成功に取り組むみなさまの参考としてご覧ください。

「単なる記念品」のプレゼントで良いのですか?

  周年記念事業を成功に導く2つの効果

周年記念事業の一環として記念品を使う(配布する)場合、「周年記念でプレゼントする粗品は何が良いかな?」「お祝いの記念にもらって嬉しいものはなんだろう?」「高級感のある名入れの記念品は?」といった漠然とした記念品を選定しがちです。しかし、そうした「単なる記念品」を選んだ満足感を満たすだけで良いのでしょうか?ピンバッジであれば、以下のように周年記念事業を成功に導く2つの効果を期待することができます。

1.つける人の理念や行動を示すメッセージツールとしての効果
元々、ピンバッジはメッセージを発するスマートなツールとして世界中の企業や組織で利用されています。オリンピックやSDGsのピンバッジを著名人や政治家が胸につけている様子をテレビで見かけたことがある方なら、ピンバッジがその人のアイデンティティとなることをご存じかもしれませんね。このようにピンバッジは社会運動やキャンペーンへの賛同の証として利用されている世界基準のメッセージツールであるため、身につけていればスマートに自社の周年記念とともに事業理念やミッションを周囲に伝える(PRする)ことができます。
2.社内の「結束」や外部への「認知拡大」の効果
さらにピンバッジが周年記念で多く利用されてきた要因に、「結束」や「認知拡大」の効果があると考えられています。例えば、組織内でバリューやミッションをピンバッジで共有することで「社内の結束を図りたい」「従業員にプライドや問題意識を発揚させたい」といった組織内強化を期待したピンバッジ製作のご相談をよくいただきます。また顧客や関係企業などの組織外の方々に、自社のブランド、企業活動、キャンペーンを“押しつけがましくなく”知っていただく、認知拡大の機会としてピンバッジを製作するご相談もよくいただいております。
周年記念バッジの効用:「結束」による組織強化の画像 「結束」による組織強化
周年記念バッジの効用:外部への「認知拡大」の画像 外部への「認知拡大」

記念品はその企業のイメージを想起させる

ピンバッジが世界中の企業や国際会議やキャンペーンで利用されているのはなぜでしょう?ピンバッジには品位のある質感があるからだと考えられます。この品位のある質感は、周年記念事業のご担当者様がモノ(記念品)を選定するうえでとても重要な要素だとお聞きします。なぜなら、そのモノ(記念品)が自社の商品やサービスに対するイメージを想起させるからです。自社の商品やサービスに対してイメージダウンするようなモノ(記念品)を選ぶことは絶対に避けたいところですね。周年記念は自社の節目ですから、どうせなら品位のあるモノ(記念品)で信頼感とイメージアップを図りましょう。

イメージアップの画像

もし周年記念を単なる記念品選びに終わらせず、社内スタッフの結束による組織強化の機会として捉えるなら、また多くの人に信頼感やイメージアップを醸成させる認知拡大の機会と捉えるなら、独自のデザインで、多くの人に手渡せるオーダーメイドのピンバッジを自社で活用してみてはいかがでしょう。そのためにピンズファクトリーは、お客様のご要望をお聞きしてイメージに添うピンバッジ製作に努めることをお約束いたします。

※上記の説明は企業(会社)の周年記念を例としていますが、もちろんあらゆる組織・団体の創立記念、卒業記念、卒園記念、卒部記念、その他記念イベントなどの周年の節目にも同様のことが当てはまります。

PINS FACTORYがお手伝いした周年記念バッジ製作事例を見る

PINS FACTORYの周年記念実例一覧の画像

私たちPINS FACTORYでは、その形状や使われ方、歴史からピンズ(ピンバッジ、ピンバッチ)に対する定義を認識してお客様の製作のお手伝いをしております。厳密には、ピンズ(ピンバッジ、ピンバッチ)は大きく分類すると“バッジ”に包括されるようです。このページでは周年記念バッジに関してご説明しており、その中で“バッジ”と“ピンズ(ピンバッジ、ピンバッチ)”を区別して表現している場合がありますが、多くの一般の方が読む場合はそれらを同義として理解いただく方がわかりやすいと思います。したがって、周年記念バッジ=周年記念ピンズ(ピンバッジ、ピンバッチ)と捉えてご認識ください。

 無料サンプルを申込む  見積り(無料)を依頼する  ピンズ製作のお問い合わせ