ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は
  • HOME
  •  > 
  • ピンズの読みもの
  •  > 
  • ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史
「ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史」画像

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

ピンズは、ロゴやキャラクターがデザインされてプロモーションとして活用されるツールであり、オリンピックを機に一気に大流行したアイテムで、世界中のコレクターがトレーディングを楽しんできたという歴史を持っています。今やイベントで活躍するだけでなく様々なビジネスシーンにも活用されて、ピンズの用途も仕様も多様に変化してまいりました。

しかし、変わらない要素もあります。針とクラッチで構成される基本スタイルはピンズの誕生からずっと変わらず、ピンズの定義には欠かせない要素の一つとして知られています。もし「ピンズとは何だ?」と問われれば、ピンズ裏面の「針とクラッチ」のその独特のスタイルを無視して語ることはできないでしょう。そこでここではピンズの特徴的なクラッチの中でも、ピンズの最も代表的なイメージを形成する「バタフライクラッチ」について、その歴史からご紹介いたします。


ピンズの誕生

20世紀中頃(1930~1950年?)、フランスでは社章、階級章、会員章に代表される所属や階級を表すバッジだけではなく、広告や販促などのプロモーションやブランディングに活用される風潮が見られるようになりました。そうした風潮は世界的に有名なブランドのラコステ、ペリエのブランドマークのバッジや、ゲラン、シャネル、イヴ・サンローランといったファッション関係の企業が商品発表会のインビテーション用として活用したバッジが最初だと言われています。この潮流で生まれたバッジが「ピンズ」と呼ばれるようになりました。

当時のパリのオープンカフェではギャルソンが馴染みの客とピンズの交換をして、自分の着ているベストに競ってピンズを付けていたと伝えられています。そのときパリを訪れたアメリカ人の観光客がそのファッションを見て楽しみ、チップとしてピンズをギャルソンに渡していたこともあったとか。

管(くだ)ピンの画像 バタフライクラッチ以前は管(くだ)ピンが
主流だった
この時のピンズのアタッチメントがバタフライクラッチだったと言われています。それまで広告や販促用のバッジには「管(くだ)ピン」と呼ばれるアタッチメントが使用されていました。「管(くだ)ピン」とは、安全ピンやブローチピンのように二重らせん部分でピンが折り曲げられた形状で、針先を外して2つ穴で布地に留め付けるアタッチメントです。これに対してバタフライクラッチは蝶の羽のような部分をつまむ調子でワンアクションによる脱着が可能です。その使いやすさが受け入れられて、今日までピンズの代表的なアタッチメントとして確立していったと考えられています。

針とバタフライクラッチの画像


バタフライクラッチの誕生

ピンズの代表的なアタッチメントであり、ピンズのイメージを決定づけるバタフライクラッチはどのようにして生まれたのでしょうか?その生みの親はアメリカの宝飾部品メーカーであるバロー社(B.A.BALLOU&CO.INC.)という企業でした。バロー社は1868年にバートン・アラン・バロウによって創業され、宝飾部品や銃の安全装置などの製造も行い、第二次世界大戦中には3億個もの徽章や勲章の製造を手掛けたそうです。今では実に150年の歴史を持つ部品メーカーということですね。バタフライクラッチ以前では、同社は帽子につける徽章の留め具として「割りヤシ(割りピン)」を製作していました。しかし、二股の足に当たる部分を開いて固定させるこの「割りヤシ(割りピン)」は、帽子の生地にそれ相当なサイズの穴をあける必要がありました。

割りピンの画像 徽章の留め付けに使用されていた割りピン そこで開発されたのがバタフライクラッチでした。このバタフライクラッチは1942年に特許が取得されて以降、ピンズの留め具(アタッチメント)として世界中に広まっていきました。もしバロー社製のバタフライクラッチを使用しているピンズを見つけたらそのバタフライクラッチの裏面をご覧になってみてください。そこには必ず”BALLOU REG’D”の文字の刻印を見つけられるはずです。”REG’D”とはREGISTEREDの略称で「登録済み」を意味していて、つまりこのバタフライクラッチが特許登録済みということを表しています。直径13mmにも満たない小さな部品とはいえ、生み出されるべき背景と確固たる歴史があったのですね。

バロークラッチの画像


バロー社製バタフライクラッチの特徴とその価値

さて、それでは同じバタフライクラッチでもバロー社ブランドとノンブランドとでは何が違うのでしょうか?まずバタフライクラッチは1枚の金属板から切り出しと加工を経て製造されますが、ノンブランドの金属の板厚が0.25mmに対してバロー社ブランドのバタフライクラッチの板厚は0.35mmと金属の厚みが増しています。たった0.1mmの厚さの違いですが、それによってノンブランドと比較して針が突き抜けにくくなっています。特別に意図して力を加えれば別ですが、通常の使用ではまず突き抜けることはないでしょう。また、はじめは留め付け時のツマミに固さを感じるものの、かっちりと留め付けることが出来る感触はノンブランドにはない安定感と言えます。装着時における外れにくさや脱着回数の耐久度も比較的に高く、好んで選定される理由があることもうなずけます。※当社内の品質検査では、バロー社ブランドのバタフライクラッチは耐用回数や引張強度においてノンブランドより優れていることを確認しています。

ピンズコレクターの間では、ピンズにバロー社ブランドのバタフライクラッチが装着されているか否かもピンズの価値を図るポイントとなっていると聞きます。バロー社ブランドのバタフライクラッチはノンブランドと比べて製造コストが若干高いのですが、おそらくピンズコレクターは“それ故”に製造個数が少ないのではないかと推察し、そこに希少価値を見出しているためだというのが一説です。逆にピンズを製作する側の企業としては、そのピンズの重要さや貴重さに見合った仕様にするために、バロー社ブランドのバタフライクラッチを採用してピンズに特別感を醸成させるケースも見られます。

ワンアクションによる使いやすいバタフライクラッチによってその後のピンズのイメージを決定づけた大きな功績や、150年以上における部品メーカーとしてのバロー社の歴史深さから紡ぎだされる装着時の安定感や脱着の高い耐久度。それらに証明された確かな技術とパイオニアとしての存在感が、ピンズコレクターからピンズを製作する企業まで魅了するバロー社ブランドのバタフライクラッチの魅力なのかもしれません。
もちろん、PINS FACTORYでもバロー社のバタフライクラッチは取り扱っております。


This is PINS

ピンズの起源は軍の徽章だと言われています。国から授けられるようなそうした徽章が持つオーソリティをDNAとして持ったピンズは、世界的な企業やパリのギャルソンによって流行やステイタスを発信するという使い方を示し、多くの人々に親しまれました。そして、その人気は宝飾品の部品や銃の安全装置を製作してきたバロー社が、その確かな技術で開発したバタフライクラッチの扱いやすさが下支えしていたことも想像するに難しくありません。歴史から見ると、このバタフライクラッチの開発があったからこそ、ピンズという認識が生まれて世界中の人々に愛されてきたと言っても良いように思えます。つまりこのバタフライクラッチと針という固有のスタイルこそが、ピンズのオリジナルであり、ピンズたる所以と言っても過言ではないでしょう。

ピンズの裏側の画像




▶ピンズファクトリーのミッション ▶ピンズ製作実例 ▶よくある質問 ▶会社情報


▲ページの先頭へ