ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.947 大阪HPC25周年ピンズ

【会社・団体名】大阪ハッセルブラッドフォトクラブ

No.947 大阪HPC25周年ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ20mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0515281
1606-A06大阪府

創立記念を華やかに彩るピンズのデザインは愛用の名機がモチーフ


初体験というのは不安を伴うものですが、次に同じことを実行しようとする際は、経験値がそれを打ち消してくれます。過去に当社が周年記念ピンズの製作でご縁をいただいた大阪ハッセルブラッドフォトクラブ様は、「名機」と呼ばれるスウェーデン製のカメラを所有している方々で構成された写真愛好家の団体。総勢20名という所属メンバーの年齢は50~80代まで幅広く、職業も会社役員・公務員・自営業・定年退職者など様々です。

前回のご依頼は創立20周年を祝うオーダーメイドアイテムでしたが、5年の時を経て生まれた新たな作品は「大阪HPC25周年ピンズ」。アニバーサリーグッズという点では共通ですが、前作はサイズが大きく少し重かったそうで、小型化して欲しいとの声にお応えした今作は、コンパクトな社章タイプに仕様変更されました。初回の経験を活かして仕上げられた高品質なオリジナルの記念品は、ご年配の方々にも大変好評だったそうです。

これが通算2個目となる周年記念品として誕生したピンズが担う役割は、年に1度の写真展や例会・撮影会などの出席時に着用するメンバーの証。当然のことのように取り上げられたデザインのモチーフも、皆さんが愛してやまない「ハッセルブラッド」の正面図です。撮影会が開催されるのは春と秋に各2回。メンバー同士でお互いに撮影会の作品や課題作品を選考し合い、「年間賞」を決める例会は年8回実施されているそうです。

大阪ハッセルブラッドフォトクラブ様の発足は1991年。最初のご用命となった実例紹介NO.626に続き、25周年の記念写真展開催に合わせたメモリアルグッズ製作は、小さなスペースにデザインするのにご苦労されたそうですが、「前回も同じ方に担当していただき、今回もスムーズに作業が進行しました」と、大変ありがたいお言葉を頂戴しました。2つの記念ピンズがクラブメンバーの絆作りに貢献したことは、当社の大きな喜びとなりました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

スタッフブログ

JAMESの日記