ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.948 かまぶたくん

【会社・団体名】空間・デザイン

No.948 かまぶたくん

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキブロンズ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0815277/78
1606-A08新潟県

ピンズに姿を変えたご当地キャラクターが地元の盛り上げに貢献


イラストレーターやグラフィックデザイナーが、その手で生み出すのは「二次元」の作品が主流。しかし、「モノづくり」に対するあくなき創造欲は、それを三次元へと発展させることがあります。ご紹介する「かまぶたくん」は新潟県上越市の空間・デザイン様が、販売用にご依頼下さったオーダーメイドのオリジナルアイテム。当社のことは以前からおしゃれで高品質なピンズを製作するメーカーとしてウェブで見てご存知だったそうです。

空間・デザインの代表でもある発注者の丸山永美子さんは、イラストとデザインを手がけるフリーのアーティスト。「かまぶたくん」は上越妙高駅前の「釜蓋(かまぶた)遺跡」をモチーフにしたキャラクターです。弥生犬の「やよい」も仲間入りした2種類のピンズは、新幹線の駅売店やインターネットに加え、駅前で開催される各種イベントに際し、月に一度の割合で出展するブースで販売されるほか、地元の渡辺商店様でも常時購入が可能です。

地域住民として北陸新幹線上越妙高駅前の盛り上げに情熱を傾ける丸山様。「かまぶたくん」をとても気に入っているそうで、色々なキャラクターグッズを作りたくなったことが、ピンズ誕生の大きな原動力になっているようです。2つの肩書きを持つ丸山様のひらめきとアイデアで、平面から立体に仕様変更された「かまぶたくん」は、購入層も小学3年生を筆頭に30~50代と幅広く、女性を中心に多くの方を魅了しているとのことです。

この人気ぶりに丸山様は「的確なアドバイスのおかげで満足のいく製品が出来ました。今後の目標としては追加注文できるように販売にも力を入れていきます」と意欲的。「可愛く仕上げられていて大満足です。特に発色が想像以上にきれいで、細い線もしっかり出ていてとても嬉しいです」と、完成品も高評価を頂戴しました。クリエーターにとって人々の喜びはエネルギー。ピンズになった地元の愛嬌者は、今後も大活躍してくれそうです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記