ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.963  黄色いキリンピンズ

【会社・団体名】みわ歯科クリニック

No.963  黄色いキリンピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1416014
1609-A04東京都

がんばったスタッフに贈る評価の証はこだわり仕上げの褒賞ピンズ


式典や表彰などの特別な場面で使用することを想定したアイテムは、いかにも重厚で格式のありそうなデザインになることが多いですが、「こうでなければならない」という決まりがあるわけではありません。この度、みわ歯科クリニック様が製作されたピンズは、月間の最優秀者に選ばれたスタッフへの褒章として使うもので、役割はれっきとしたオーダーメイドのステイタスグッズですが、モチーフになっているのは可愛らしいオリジナルキャラクター。セオリーをあえて避けたようなピンズのビジュアルからは、用途と仕様のギャップによる不思議な魅力が漂っています。

真心と奉仕を持ち一人ひとりの患者様に最善の治療を提供するみわ歯科クリニック様は、1992年3月に東京都足立区で開業された「明るく楽しく元気のいい、黄色いキリン」の歯医者さん。ユーモラスな表情までそのままピンズになった「黄色いキリン」は、クリニックの理念を具現化させたコーポレートアイデンティティで、仕上げに用いられた鮮やかな黄色はコーポレートカラーだそうです。当社へのご依頼をお決めになったきっかけを尋ねると、返ってきた答えは「ネット検索で見つけたこと」。「黄色いキリンピンズ」と名付けられた「名誉のしるし」はこうして誕生しました。

クリニックの分身ともいえるキャラクターをかたどったものだけに、完成品は角の間を「インサイドホール」で抜くというこだわりよう。加工に際してはサイズも制限されましたが、ご要望通りの出来栄えや優れた品質には、「仕上がりが良く、気に入っています」と、ご担当者様も大変ご満足されたご様子。皆さんからの評判も良いそうです。優秀者としてピンズを授与された方は現時点で2名。オリンピックのメダルをイメージしたピンズは特別な記念品になってくれることでしょう。「黄色いキリン」を誇らしげに着用した方々が、さらに多くの患者様を笑顔にしてくれると良いですね。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

スタッフブログ

JAMESの日記