ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1015 永年勤続記念バッチ

【会社・団体名】株式会社マルエスフリージングジャンクション

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1015 永年勤続記念バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキ金orニッケルorアンティークコパー
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.116060
1704-A01山梨県

キャリアを称える記念品のモチーフはユーモラスなシンボルマーク


通常、業務に対する知識や技術は仕事に携わる時間の長さに応じて向上するものですが、形のあるものではないだけに評価されにくいのも事実。この現状にとてもユニークなオリジナルの褒章を製作することで答えを出したのが、山梨県笛吹市に本社を置く株式会社マルエスフリージングジャンクション様でした。同社が荻原工房様からのご紹介で社章に続く第二弾としてご用命下さったのは、自社のシンボルマークをデザインのモチーフに取り上げた「永年勤続記念バッチ」。社員のキャリアに合わせたオーダーメイド作品は、仕様の異なる3種類にタイプ分けされています。

対象者の勤務期間を文字に加えて仕上げの色で示した作品は、勤続10年を表すアンティークコパーと、勤続20年に対応したニッケルメッキ、そして勤続30年を意味する金メッキ。ここでどうしても気になるのはシンボルマークに描かれている「ゴリラ」ですが、何とこれは社長様がゴリラに似ていることから生まれたキャラクターだそうで、名刺やユニフォーム・看板・業務車輌のトラックにも使われているものなのだとか。記念品にご自身をかたどったキャラクターを使うなんて、ジョークの通じる社長様の人柄が感じられて微笑ましいですね。記念のバッチは表彰の際に社長様が自ら進呈されるそうです。

完成品をご覧になったご担当者様の感想は「弊社のシンボルマークがきれいに表現されており、社内はもとより社外でも好評」というもの。コストパフォーマンスや品質にも高評価を頂戴しました。会社へのロイヤリティーアップも担うバッチは、事務職の方が原則として勤務中に装着する他、プライベートでも身に着ける方針だそうで、外部とのコミュニケーションツールとしても効果絶大だそうです。運輸と倉庫を中心とする事業を営む同社にとって、経験を積んだベテランスタッフの存在は宝物。熨斗つきのプラケースに入った記念バッチは、そのことを雄弁に語りかけているようです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記