ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1033 カナザワ映画祭ピンバッジ

【会社・団体名】一般社団法人映画の会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1033 カナザワ映画祭ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1416048
1706-A04石川県

10年目を迎えた大イベントの記念品は迫力満点のロゴがモチーフ


「書体」のことを専門用語で「font(フォント)」と言いますが、これと良く似た扱い方をされるのが「ロゴタイプ」と呼ばれる装飾文字。フォントが文章などを含む広範囲で使用されるのに対し、ロゴタイプの主戦場となっているのは「名称全般」です。石川県の一般社団法人映画の会様がイベントの開催に際し、メンバー用のオリジナルグッズとして製作されたピンズも、10周年を迎えた映画祭の「タイトルロゴ」がモチーフでした。

皆さんの取り組みは映画・映画文化の充実と発展を目的とし、その目的に資する活動を展開・推進すること。2007年からスタートした「カナザワ映画祭」は、同会の代名詞ともいえるフィルムフェスティバルで、2016年9月17日から25日まで開催された10回目にも、全国から延べ7000人を超える観客が集まりました。インパクト満点の「カナザワ映画祭ピンバッジ」は、この大イベントで会員の方々に無料配布された映画祭グッズです。

ご依頼のきっかけはネット検索で当社を見つけていただいたこと。ピンズというのはミニマムなアイテムとして捉えれば、仕様や品質・仕上げなどに視線を持っていかれますが、今回の作品にはロゴタイプ特有のダイナミズムが見られ、デザイン自体が放つスケールの大きさも目を引きます。めでたい節目を「あっ晴れ」の象徴でもある旭日旗になぞらえた完成品は、赤・黄・青の3色が彩る大変鮮やかなオーダーメイドアイテムとなりました。

同会に登録している会員は30代~40代の男性が中心。記念品として生まれたピンバッジは「メンバーの印」でもあるため、受け取った方々にはシャツや帽子・鞄などに着けていただいたとか。任意団体というスタイルで映画の素晴らしさを発信し続け、10年目にして法人へと姿を変えた一般社団法人映画の会様。設立以来の活動を支えてこられたメンバーの皆さんにとって、ピンバッジは勲章にも等しいステイタスとなっているようです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記