ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.138 縁結びピンズ

【会社・団体名】神話の国 縁結び観光協会

No.138 縁結びピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法レーザープリント
着色特色
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0609-A11

「神話の国 縁結び観光協会」は、島根県東部の広域観光振興を図るとの目的で設立した観光協会です。出雲路にある松江市・安来市・出雲市・斐川町・東出雲町、そして島根県が協力しています。縁結び観光協会の結成は、首都圏をはじめとした大都市圏からの観光客を誘致するためには、市や町が単独ではなく広域に連携し取り組むことが欠かせないと考えた結果で、一致団結して魅力的な観光メニューや情報の提供、PR活動にあたっています。

「出雲大社」「八重垣神社」はどちらも「縁結び」の神様で知られていますが、「縁結び」とは男女の縁だけを言うのではありません。人と出会うこと、家を建てること、仕事に就くこと、遊ぶこと、生きることのすべて、運命のめぐりあわせを指しています。そして、今回の縁結びピンズは、この郷土の誇れる観光資源「縁結びの地」を全国にPRするために製作したもので、以前はシールや5円玉を入れた祝儀袋などを使用していましたが、より高いPR効果をと考えて、利用度が高く配布もしやすいピンズを使うことになりました。

ピンズのデザインには“縁結び”という文字をストレートに使ったデザインを採用。“縁”の糸編が赤いのは「赤い糸」を表しています。元々、このデザインは当協会のホームページのほか、お土産用の箸やシャツ、小物の台紙など様々なところに利用している協会のロゴマークです。完成したピンズは、東京のお台場など首都圏でイベントを開催する際に会場で配布していますが、評判も良く、今後のイメージ戦略の成功に欠かせないアイテムになってくれそうだと喜んでいます。

これからも、テーマとキーワードを「縁結び」に定め、「縁結びの地=出雲路」を他の有名観光地に並ぶ知名度と実力のある「トップブランド」にするために取り組んでまいります。「生きることとは縁結びの連続」を実感していただける出雲路に、ぜひ一度お越しください。

(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記