ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.595 カーリングピンズ

【会社・団体名】相模原市スケート協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.595 カーリングピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0110270
1104-A04神奈川県

ピンズファクトリーが製作するアイテムは、お客様のデザインを基にオーダーメイドの優れた技術で仕上げられていますが、ご依頼時に見せていただく図案は入念に考え抜かれたものばかりで、そのレベルは作り手側の当社も舌を巻くほどの高さです。スケートやカーリングの普及を目標に活動し、当社で以前「スケートピンズ(実例紹介NO.248)」を承った相模原市スケート協会様が、新たに製作されたのはカーリングの講習参加者に配布するためのオリジナルグッズ。再びお声を掛けて下さったのは「何度か依頼していて、品質が良いこと」というご理由によるものでした。

ピンズを選ばれたのは参加賞に最適とのご判断からで、他には特に検討されなかったとのこと。前回は2種類のシューズを再現したリアルな仕様の記念ピンズが誕生しましたが、今回は神奈川県の地図に「ストーン」を組み合わせた「カーリングピンズ」。相模湾の曲線とストーンのカーブを重ねるという鋭い着眼点には、当社のベテランスタッフも脱帽です。完成までは主にメールでのやり取りでしたが「製作から納品まで分かりやすかった」と、スムーズな進行や対応にはお褒めの言葉を頂戴しました。講師用に手渡された作品は期待以上の評判を呼び、スケート協会員の皆さんにも大変喜んでいただけました。

講習は市の広報や神奈川県カーリング協会のサイトで毎月50名の参加者を募り、実技講習2時間のコースを2日間かけて行う計4時間が1セット。相模原市スケート協会カーリング部メンバーで神奈川県カーリング協会に所属する講師の方が指導にあたります。参加者は中学生から60歳代までと幅広く、性別は7:3で男性に人気の傾向。震災が影響して今期は参加者への配布ができませんでしたが、日本選手権では参加チームがバッジ交換で交流を深めたそうで、鮮やかな青をバックに緑で神奈川をかたどった「カーリングピンズ」は、受け取られた各地のチームにとっても大切な記念品になったのではないでしょうか。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記