ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.605 学長表彰パスクリップ

【会社・団体名】千葉科学大学

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.605 学長表彰パスクリップ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキ金orニッケル orアンティークコパー
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 02010384
1106-A05千葉県

受け取る場所は滅多に立ち入ることのない学長室という表彰用のオリジナルグッズが、千葉県銚子市の青い海を臨む千葉科学大学様のご依頼で誕生しました。「CHIBA INSTITUTE OF SCIENCE」の英語表記から取った「CIS」と、キャンパスの環境を表す波の図案を組み合わせたロゴをモチーフにデザインされたオーダーメイドアイテムは、金・銀・銅の3色で仕上げられた「学長表彰パスクリップ」です。

日本で初となる危機管理学部が設置された千葉科学大学では、災害や事故などのあらゆるリスク・危機に迅速に対応できる危機管理の素養を身に付けた人材を養成し、薬学部では医療現場だけでなく、災害現場でも活躍する薬剤師を数多く輩出しています。「学長表彰」の対象は他の模範となる学生の行動ですが、贈呈されるのがメダルだと人目に触れないため、それに代わるものを探していらした時に、ピンズファクトリーのホームページでパスクリップを見て「これだ!」と思われたのが製作の決め手だったそうです。

初めての表彰は銅で2度目になると銀色、3度目は金色が授与されるパスクリップは、学生の方々が付けているIDホルダーにピッタリの仕様。他の学生にも表彰されたことが一目瞭然なので、受け取った人も誇らしげに装着しているそうです。完成品は黄色のストラップにセットして納品され、ご担当の方からは「急なお願いにも大変丁寧に対応していただき、助かりました」と、心のこもった感謝のお言葉を頂戴することができました。

作品はプレミアムツールの意味で製作されたものですが、その出来栄えや品質があまりにも素晴らしかったため、より多くの学生に贈りたいとのことで学長表彰も増えたとか。今までに授与された人は、銅色が約50名で銀色は1名、金色の表彰を受けた人はまだいないそうです。交通事故の現場で救助にあたった学生や特待生、東日本大震災で津波の被害に遭った大学の復旧作業を行った学生にも与えられた学長表彰。名誉ある金色のパスクリップを手にする学生が現れるのも遠くはないでしょう。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
千葉科学大学 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記