ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.607 BSピンバッジ・ストラップ・ネクタイピン

【会社・団体名】ボウラーズストリート

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.607 BSピンバッジ・ストラップ・ネクタイピン

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0511011
1106-A07大阪府

ボウリングを中心とした複合レジャー施設を運営する、大阪府のパレ・フタバ株式会社様は、女子プロボウラー第1期生の須田開代子プロ、中山律子プロが牽引したボウリングブームが最盛期を迎える、昭和47年(1972年)の創業。その歩みはまさに、日本のボウリングの歴史と共にあったといって、過言ではありません。

今回ご紹介する作品「BSピンバッジ・ストラップ・ネクタイピン」の3種は、同社様が経営するフタバボウルの専属プロ、「気迫のボウリングジェンヌ」こと姫路麗(ひめじうらら)プロがイメージキャラクターと監修を務めるボウリングウェアブランド『ボウラーズストリート(Bowlers Street)』が、ファンからの熱いリクエストに応えて、主にネットでの販売用に製作したというプレミアムなグッズ。

デザインの中で一際印象的な王冠は、かつて2008年には、ポイント・賞金・アベレージランキングで1位という三冠女王に輝き、きっとこれからも姫路プロの頭上に輝くであろう、優勝の栄冠をイメージしたもの。また、その名誉を天から運ぶかのように支える両翼は、美しいフォームでボールを投じる際の姫路プロの手が、まるで水鳥が羽を広げたように見えることに由来し、王冠と翼を支える“BS”のロゴはもちろん、ブランド名の“Bowlers Street”の頭文字をとったものとなっています。

元のロゴの細かい線を整理することで、ブランドカラーのトリコロールから選ばれた紺色をベースに、王冠、翼のラインや“BS”の文字の金色が上品に輝くオリジナルプレートが完成。そして、そのアタッチメント(タイタック、ショートストラップ、ネクタイピン)を換えることで、ピンバッジ・ストラップ・ネクタイピンと、それぞれ用途の異なる3アイテムが誕生し、ファンからの要望が多かったピンズとストラップが特に人気とか。ご担当者様からも「高級感があり、想像を上回る仕上がりに感動しています。どこで作ったか社内でも聞かれることがあり、お願いして良かったと満足しています。」と、大層励みになるお言葉を頂戴しました。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記