ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

社章製作実例:No.051 社章

【会社・団体名】ルイナールジャパン株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.051 社章

※上記の写真は原寸大ではありません。

社章データ
材質
工法スタンププレス
着色無色
メッキアンティークシルバー
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0701-A14

色々な社章を手がけてきたピンズファクトリー、今回は高貴な香りに満ちた作品の製作です。ご依頼主は世界最古の伝統を持つシャンパンメーカーの日本支社、ルイナールジャパン株式会社様。シャンパンとは発泡性のワインを指し、フランスはシャンパーニュ地方で特定品種のブドウを使い、定められた製法で作られたものだけが名乗れる由緒ある名称です。乾杯に使われるお酒の定番で、そのきっかけは18世紀にヴェルサイユ宮殿で開かれたクリスマスパーティだったとか。

デザインはフランス本社から送られたもので、創業年を表す「1729」の下にブラックレターという書体で「Ruinart」の社名が入り、バックには王冠と向かい獅子、アンティークシルバーのメッキ仕上げというシックな仕様です。ピンズを選ばれたのは、胸に付けたとき目立つという理由から。完成品は社章のほか、商品を多く販売してくれた方へのインセンティブとしても使用されているようで、重みのある仕上げに効果も期待できそうと、ありがたいお声が聞けました。

シャンパンとともに歩んだ長い歴史を19mmの大きさに宿し、社員の方々の胸で誇らしく光る社章は、会社のイメージアップはもちろんのこと、ブランド性やモチベーションアップにも必ず貢献してくれることでしょう。

■ピンズファクトリー担当者コメント■
社名の後ろに細かいデザインが入る為、金型製作でどこまで表現できるか少々不安でしたが、かなり細い線までほぼ完璧に再現でき、また文字との間に切れ込みを入れることによって、社名を目立たせることが出来ました。あえて色を使わず、イメージに合わせたアンティークメッキを採用したことで、極上のシャンパンに恥じない社章に仕上がったと思います。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記