▼ピンズの工法
ピンズは、製作の目的やデザインに合わせて、以下のような工法でつくられます。
●スタンププレス工法
金属板に金型を打ち付けてつくる、ピンズの代表的な工法です。金属線が力強く、重厚感のあるピンズに仕上がるため、品位を求められる社章や資格章に選ばれる傾向にあります。
> スタンププレス工法のさらに詳しい説明はこちら
●エッチング工法
金属を化学的に溶かした凹凸によってデザインする工法です。成型される線がスタンププレス工法よりも柔らかく、版下デザインを忠実に再現することができます。
> エッチング工法のさらに詳しい説明はこちら
●プリント工法
紙に印刷するのと同じように金属表面にプリントしてつくる工法です。金属の凸凹がなく、複雑なデザインや細かい表現のロゴマークを忠実に再現する場合に適しています。
プリント工法には、多色刷りやグラデーション表現にすぐれたオフセットプリント工法と、発色が良く、特色での色指定も可能なレーザープリント工法があります。
> プリント工法のさらに詳しい説明はこちら
●インジェクション工法
フランスの有力ピンズメーカーで品位ある褒章やブランドピンズ作りに採用され、質感・仕上げとも世界的に高い評価を得ている工法です。とくに立体的なピンズをつくる際に有効です。
> インジェクション工法のさらに詳しい説明はこちら

閉じる