ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1075 963ピンズ

【会社・団体名】福島県南酒販株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1075 963ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキ金銀2トーン
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0517135
1711-A13福島県

地元と製品への熱い想いを3つの数字が雄弁に語るブランドピンズ


今回のお客様は「有名だから」というダイレクトで直球型のご依頼理由を述べて下さった福島県南酒販株式会社様。郡山市の本社を軸に酒類の卸販売業を展開する同社は、昭和24年に福島県南酒類商業協働組合として創業し、現在の会社は5年後の昭和29年に設立されました。取り扱い製品へのゆるぎない自信や郷土愛もろともに、当社が託されたオーダーメイドアイテムの担う役割は、郷土が生んだオリジナル商品とブランドのPRです。

作品に付けられた「963ピンズ」の名が示す通り、PRの対象は「963シリーズ」というウイスキー。5種のウイスキーは郡山の豊かな環境が育んだものばかりで、その品質と味わいはコアなウイスキーファンをも唸らせます。因みにネーミングの「963」は郡山市の郵便番号だそうで、「郡山から届けたい」という社長様の想いを表しているとか。ピンズのデザインはこれに「WHISKY」の文字を添えた「郡山仕様」となりました。

完成品は製品を取り扱う飲食業者のバーテンダーさんに配布したり、ウイスキーイベントの開催時に会場で販売されたりしているそうで、期待されたアピール効果はもちろん評判も概ね良好とのことです。また、社員の方々も自社製品のPRを兼ねてピンズを身に着けていらっしゃいますが、皆さんの気持ちや意識が商品への愛情へと変わりつつあるように思えると、ご担当者様からも嬉しそうなコメントをいただきました。

いわゆる「物販」の業界において、商品の良さを知ってもらうことは、お客様の喜びや満足に直結する行為。同社がそのためのツールとしてピンズ製作を思い立たれた背景には、そんな想いと共に商品への強烈な自信があったに違いありません。金とニッケルの2トーンメッキ仕上げが華やかなイメージを演出するPRピンズは、ウイスキーと同様に多くの人をひきつけてくれそうです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記