ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1118 ZUMBA KUN ピンバッジ

【会社・団体名】株式会社Japan Wellness Innovation

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.1118 ZUMBA KUN ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色オフセット
メッキメッキ無し
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1417188
1806-A05神奈川県

小さなグッズに変身したキャラクターは人気と共に知名度も急上昇


当社が承ったオーダーメイドピンズの中には「キャラクター」をかたどったものがたくさんありますが、どんなに魅力的なキャラクターでも普及させるためにはその存在を人々に知ってもらうことが必要です。神奈川県相模原市からご依頼を下さった株式会社Japan Wellness Innovation様の作品も、躍動感あふれる元気一杯のマスコットキャラクターをアピールする目的で生まれたPR用のオリジナルグッズでした。

「安価で高品質なピンズを製作している」との評価を受け、当社が託されたのは「ZUMBA KUN ピンバッジ」。モチーフの「ZUMBA KUN(ズンバくん)」は愛嬌ある仕草とキレキレのダンスでファンも急増中のマスコットです。ネーミングは誰もが楽しめる「ZUMBA®」というフィットネスプログラムから取ったもので、同社ではフィットネスイベントの企画に加えてインストラクターの育成も手掛けていらっしゃいます。

「ZUMBA KUN」が誕生したのは幕張メッセで開催された「2014 Asia ZUMBA Conference」の会場。公募によるデザインの決定では「ZUMBA®」の創始者であるBETOさんや、このイベントに参加していた1500名の人たちが選考に当たったそうです。こうして鮮烈なデビューを飾った緑色のマスコットは周囲からも期待を寄せられています。

一方、26mmサイズの仕様に仕上げられた完成品も、イベントでの無料配布やZUMBAウエアのノベルティ、同社のサイトで販売するグッズとして活用され、主にインストラクターや愛好者の方がお求めになるとか。イベントの参加者は10代~60歳過ぎと年齢も幅広く、性別では女性がやや多く職業は様々。これはピンバッジの購入者層も同様とのことで、多くの方が可愛い「ZUMBA KUN」をバッグなどに着けているそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記