ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.417 ORIGO ピンバッチ

【会社・団体名】東京都立駒場高等学校第57期生

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.417 ORIGO ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0808217
0902-A09東京都

思い出を形にとどめてくれるものは実に様々で、その代表格とも言えるのが写真や手紙。最近はメディアの発達もあって、DVDなども大活躍しているようですね。これらのほとんどは、その大切な瞬間を「記録」するためのツールですが、ピンズファクトリーがお届けするオーダーメイドグッズには「思い出を共有する」役割を果たしているものがたくさんあります。

東京都立駒場高等学校第57期生様から承った「ORIGO ピンバッチ」も、そんな目的を持ったアイテムで、同窓会の記念品として製作されました。デザインは美大に通われている同窓生の方によるもので、15mm四方のスタンダードな正方形仕様と、赤いベースに太陽をかたどった「ORIGO」の文字や校舎を表現している直線が組み合わさった、シャープで洗練された仕上げとなっています。また、裏面には卒業期と会の発足年を示す「572008」の数字が刻印され、プレミアムな雰囲気の漂う作品となりました。

同窓会のオリジナル名になっている「ORIGO」はラテン語で「始まり」や「起源」の意味があり、この同窓会を色々な意味で基点にしようという思いが込められているのだとか。記念品を作られるのは今回が初めてでしたが、当初からピンバッチと決めておられたそうで、それをキーワードにネットで検索されて当社のホームページをご覧になり、良い印象を持っていただいたのがご依頼のきっかけだったということでした。

完成品は同窓会の当日、参加者180人に手渡され、受け取った方からも評判が良かったとか。当社担当の対応についても「こちら側の要望を丁寧に聞いてくださったし、お忙しい中、何度もお時間をさいて相談に応じてくださったので、サービスに関しても大変良かったです。ありがとうございました」と感謝のお言葉を頂戴しました。小さなバッチは駒場高校57期生の皆さんにとって、在校当時を思い起こす共通のメモリアルグッズとなりそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記