ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.496 heart heart heartピンバッチ

【会社・団体名】heart heart heart

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.496 heart heart heartピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ15mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0709124
1003-A03神奈川県

「heart heart heart」は地域福祉の向上と環境問題を考え活動しているボランティアグループです。神奈川県相模原市に本部を置き、現在は、女性の人権保護(DV防止)、障害者自立支援、環境保護を主な活動としています。

この度、私たちグループの活動を多くの方に知って頂き、広めていくためのツールとしてオリジナルのピンバッチを製作しました。グループの想いを詰め込んだロゴをそのままの形でピンバッチのデザインに使用することにより、多くの方にストレートに想いを伝えられると考え、このアイテムを採用しました。また、安価に製作できるため販売しやすいこともポイントとなりました。売上げを活動資金とし、一部(15%)を障害者関連施設または障害者支援団体に寄付するため、多くの方に購入して頂けるようコスト面にも配慮したからです。

ピンズのモチーフになっている私たちのロゴには、「みんなのこころですべてをつつむ」という想いが込められています。4つのハートにはそれぞれ意味があり、「みんなのこころ」を意味する大きなハートに、女性の人権保護を考えるピンクのハート、環境保護を考えるグリーンのハート、障害者支援を考えるパープルのハートを加えています。たくさんの色を使用したデザインで、それぞれの色に私たちなりの思い入れがあって大切なので、ピンズの製作にあたっても、思い通りに色が出るか大変不安でした。というのも、以前、他社でオリジナルグッズを製作した際に、思っていたのとは全く別の色に仕上がったことがあり、がっかりした経験があるからです。しかし、全ての色が思い通りの色だったので大変嬉しく、仕上がりにも満足しています。

ピンバッチを購入されるのは、20〜30代の若い世代が多く、特に若い女性には「かわいい!」と大変気に入って頂いています。販売をスタートしたばかりで、期待した効果が得られるかはまだわかりませんが、ピンバッチは飽きずに長く使えるアイテムですから、時間をかけて、一人でも多くの方の手にお渡しできればと願っています。

(お客さま談)
関連サイト:
heart heart heart >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記