ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

社章製作実例:No.032 社章

【会社・団体名】株式会社井上硝子店

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.032 社章

※上記の写真は原寸大ではありません。

社章データ
材質
工法スタンププレス
着色無色
メッキ金orニッケル
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0607-A09

株式会社井上硝子店様は、昭和20年4月1日に井上硝子店として創業、昭和55 年5月に株式会社になられた、硝子の加工、施工を行う、歴史ある企業様です。

ここ数年、社長を筆頭に、社員が外部に出かける機会が増えたため、会社の PRをかねた社章の製作を決断されました。社章の製作にあたっては、創業者の井上金造氏が「木材」やかなづちなどの「道具」に刻印されていたロゴマークを元にして、先代が残されたあたたかみのあるデザインを尊重した、丸みを持ったやさしいイメージの社章が生まれました。製作された社章は、金色と銀色の2色。金色は社長、役員用、銀色は一般社員用と使い分ける予定だそうです。

社章は“会社の顔”として、PR効果が期待できるアイテムです。また、社章のデザインに会社設立当初からのロゴマークを取り入れることで、新しく入った社員にも会社の歴史や伝統を意識させることができ、社員の誇りや愛社精神を養うことにも役立ちます。

■ピンズファクトリー担当者コメント■
一般的に社章に落とし込む場合、ラインについても修正を入れる事が多いのですが、お客様から「井桁は直線でなくそのままで」という御希望がありましたので、できるだけ忠実にラインを取るように致しました。

微妙な丸みの表現により、無機的な冷たさのない味わい深い輝きを持った社章には、また新鮮な魅力が感じられます。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記