【ピンズファクトリー】オリジナル ピンバッジ作成 救急医療特集
ピンズファクトリーのロゴ

救急医療 特集

一刻を争う救護現場でのチームワークは、確かな技量を持つ者同士の連帯感が必要とされます。
資格章や受講習了章としてのピンズはそうした救急医療の現場で利用される機会が増えています。

救急医療の現場で活躍するピンズ製作実例のご紹介

救命処置が重要視される昨今、講習会の開催なと救急蘇生法の普及に尽力されている医療業界では、“受講修了章・会員章・資格章”としてピンズを活用されています。メッセージ性のあるピンズは、関係者の連帯感を高めるとともに、名札に取り付けるなど日頃のモチベーションアップにも役立っています。
“「山形メディカルラリー(病院前救急医療技術大会)」の参加証として配布”

事業の一環として地域の病院と救急隊の連携や技術向上を目指した「山形メディカルラリー(病院前救急医療技術大会)」の開催・運営もされています。作品はメディカルラリーで配布する参加証として使用され、文字を金属の凹凸で表現した29mmサイズの第1弾が完成したのは2005年。以降は複数の装着を考慮して一回り小さくなり、文字をプリントで表現した「メディカルラリー’09ピンズ」まで計5種類の仕様が誕生しました。

ラ山形プレホスピタル外傷研究会様 
山形プレホスピタル外傷研究会 様
「メディカルラリー’09ピンズ」と歴代ピンズ


“協会の会員バッジとして配布”
一般社団法人日本救急救命士協会様一般社団法人日本救急救命士協会様
「会員バッジ」

当社が承った「会員バッジ」は協会のシンボルマークをモチーフにした作品で、会員の方々に入会時の特典として配布するために製作されたオリジナルグッズ。幸せのシンボルである青い鳥や地球と太陽をイメージした黄緑色の円が豊かな自然とそこで暮らす人々を表し、シルバーのベースに刻まれたラインは、地球上どこへでもすぐに駆けつけて安全を守るという救急救命士にとって大切なスピード感を伝えています。



“普及活動とモチベーションアップを兼ねて”
特定医療法人三栄会ツカザキ記念病院様「ツカザキ記念病院AEDピンズ」 特定医療法人三栄会ツカザキ記念病院様
「ツカザキ記念病院AEDピンズ」

真っ赤なハートを背にした白い「TSUKAZAKI MEMORIAL BLS」が鮮やかな「ツカザキ記念病院AEDピンズ」は、病院内に設置されたBLS委員会の普及活動とモチベーションアップを兼ねて製作されたオリジナルアイテム。金文字仕上げのアルファベットを中央の目立つ部分にあしらったのは、AEDの操作ができるということをアピールするためだそうです。



“普段からネームホルダーに装着”
特定医療法人桃仁会病院 様「CPRピンズ」特定医療法人桃仁会病院 様
「CPRピンズ」

医師1名・看護師12名・臨工1名の合計14名で構成される委員会では、月に2回の講習会と月1回の定例会・勉強会を開催していらっしゃいます。メンバー専用のピンズは評判も非常に良いそうで、皆さん普段からネームホルダーに装着されているとか。



“インストラクター仕様の金色と受講生に配る銀色の2タイプ”
帝京大学医学部 救急医学講座 様	「帝京ICLSコースバッチ」 帝京大学医学部 救急医学講座 様
「帝京ICLSコースバッチ」

デザインに帝京大学グループのシンボルマーク、心電図の波形とハートを組み合わせ、受講生による致死的不整脈の治癒を表した作品は、仕上げのメッキ違いでインストラクター仕様の金色と受講生に配る銀色の2タイプが完成。さらに、ハート部分に埋め込んだラインストーンも好みで選べる4色が揃いました。



“ピンズを目当てに参加したいという方も”
飯田市立病院 様「飯田市立病院ICLSピンズ」 飯田市立病院 様
「飯田市立病院ICLSピンズ」

地元名産の真っ赤なリンゴと葉の緑がアクセントの役目を果たし、仕上げのメッキを生かした金文字も鮮やかなアイテムは、飯田市のイメージそのものの出来栄えが大評判だそうで、ピンズを目当てに参加したいという方もいらっしゃるほどだとか。



“好きなストーンが選べる”
社会医療法人財団石心会 狭山病院	様「狭山病院ICLSコースピンズ」 社会医療法人財団石心会 狭山病院 様
「狭山病院ICLSコースピンズ」

受講の証となる上に好きなストーンが選べるオーダーメイド作品は、スワロフスキーの高級感あふれる品質や病院側の粋な企画が大変好評で、当社担当のアドバイスやHPの仕様書の作り方も参考になったと喜んでいただけました。最大12名の受講枠が設けられる講習は、開催ごとに抽選となるほどの人気で、まずは研修医や看護師・救急救命士・技師・事務職員など院内の希望者が対象とか。



“ネームプレートに装着できる”
ICLSゆうとぴあ実行委員会「BLS受講修了者バッチ」 ICLSゆうとぴあ実行委員会 様
「BLS受講修了者バッチ」

デザインについての課題は他の心肺蘇生講習バッチとの差別化や、院内で着けていても違和感のないシンプルな形にすること。これを受けて20mmサイズの四角い仕様で完成した作品は、コースを表すアルファベットの「BLS」と、組織名の「ICLS Yutopia・Ogachi」が、パープルのバックに2行書きの金文字で配置され、最後まで悩んでいらした仕上げの配色に関しても、当社がご提案した数種類から選ぶことで解決しました。



“受講者に記念品として”
横浜ICLS 様「横浜ICLSピンバッジ」横浜ICLS 様「横浜ICLSピンバッジ」

当社が承ったのは受講者に記念品として贈られる「横浜ICLSピンバッジ」。心電図と「ICLS」の文字が入ったハート型の仕様や、紺のバックに白で抜いた「YOKOHAMA」が目を引くバッジは、救命救急士の方と看護師でもあるご担当者様の奥様、そして当社担当スタッフの「合作」が生んだオリジナルアイテムです。



“受講の証として”
伊那中央病院 様「ICLSコース用ピンズ」
伊那中央病院 様
「ICLSコース用ピンズ」

救急部の職員さんが手掛けられたというデザインやシンボリックな仕様の中に、伊那中央病院様の大きな願いが込められた完成品は、受講の証として胸を飾るに相応しい優れた品質も備わって、ご担当の方から「関係者の反応も良く満足」と高い評価がいただけました。



“モチベーションを持続するため”
埼玉医科大学総合医療センター 様「ICLSピンズ」
埼玉医科大学総合医療センター 様
「ICLSピンズ」

素材の品質を生かすためにあえて着色を施さず、金属の凹凸をニッケルメッキで仕上げたバッジは、シンプル=地味という先入観を良い意味で覆す出来栄えとなりました。さり気なく主張しつつ出しゃばり過ぎない仕様は評判も良く、受け取った方々はすぐに 装着していらっしゃるとのこと。



“スタッフの団結力を高めるため”
旭川医科大学救急部 様「旭医救命Q2Cバッジ」旭川医科大学救急部 様
「旭医救命Q2Cバッジ」

スタッフの方によるデザインは医療関係のバッジらしく、 中央に心臓を表す赤いハートが入った視認性の高い仕様。 医師と看護師を区別する緑茶のようなグリーンと明るい紺色をベースに、Asahikawa Medical University」の頭文字 「AMU」を表現した紅白の図案が引き立つ、2種類のバッジが 誕生しました。届いたその日に配られた完成品は大好評だそうで、 確かな品質と当社の対応力には「細かな配慮や色々な提案を していただき感謝しています」とご担当者様も大満足のご様子。



“PSLS(脳卒中病院前救護)コースを受講された医療従事者に配布”
北総救命会(HEMSAPS)様北総救命会(HEMSAPS)様
「HEMSAPS-PSLS」

年3回のPSLSコースの開催は日本医科大学千葉北総合病院の研修センター内で行われ、講師を務められるのは2名の医師と過去の受講者。メーリングリストやホームページ経由で1回に約30名の医療従事者が集い、ピンズはこの講習会の参加者に配られます。



“目指すものは帰属意識向上のキーワードとなる使命感・団結力・チームワークなど”
兵庫医科大学病院 救命救急センター様「救命センター職員ピンズ」兵庫医科大学病院 救命救急センター様
「救命センター職員ピンズ」

このロゴは救急車に貼るステッカーや医局のドア、名刺や学会発表時のポスターにも使われていて、目指すものは 帰属意識向上のキーワードとなる使命感・団結力・チームワークなど。デザインには特別な任務を背負って救急医療に携わる方々の モチベーションアップに向けた思いが込められています。



“AEDを知ってもらうための講習会に参加された一般の方に配布”
学校法人獨協学園 獨協医科大学学校法人獨協学園 獨協医科大学
心血管・肺内科 様「PUSH!ピンズ」

今回、オリジナル・デザインのピンズを製作された獨協医科大学様は、AEDを広く世間に知ってもらうために、一般の方向けに年1回、150人規模の大きな講習会を開催されています。講習会に参加された方に、AEDのことをさらに広めてもらいたいという想いを込めて製作された記念品が、「PUSH! ピンズ」。3つ並んでいる「PUSH!」の文字は、「119番をプッシュ」「倒れた方の胸をプッシュ」「AEDの電気ショック・ボタンをプッシュ」という3つの大切な動作を表しています。



“救命救急医療の技術指導者(看護師)が認定章として着用”
神戸市立医療センター中央市民病院 様神戸市立医療センター中央市民病院 様
「救命救急医療技術指導者用ピンバッチ」

病院の救命技術に対する意識と技術向上を目的に、救命救急医療の技術指導者(看護師)の方のみが付けられるものとして製作されました。救急認定看護師が各部署の指導者に指導し、その指導者がさらに病院内の全スタッフへ講習会などを通して指導されます。ピンバッチをつけることにより、指導者の方々は認識を新たにもつとともに、周囲の人にも認知されることから、「バッチ着用の意義は大きい」と今回の製作は好評だそうです。



“「千葉県メディカルラリー」参加者に記念品として配布”
北総救命会(HEMSAPS)様北総救命会(HEMSAPS)様
「千葉県メディカルラリー記念」

ピンバッジは、シルバーと黄色をベースとして、救急医療のシンボルマークであるスターオブライフを中心に、救急活動に関連する資器材をイメージしてトリアージタッグ、バックボード、心電図をデザインに入れました。バッジを手にされた方は、救急の研修会等に参加される時に名札に着けていらっしゃるそうです。



“BLS講習を受講された方に認定章として配布”
医療法人社団木下会 鎌ケ谷総合病院 様医療法人社団木下会 鎌ケ谷総合病院 様
「鎌ケ谷総合病院BLS認定章」

一刻を争う救急医療の現場で「大丈夫ですか?」から始まる「BLS(Basic Life Support=一次救命処置)」。医療法人社団木下会 鎌ケ谷総合病院様の救急部では地元の消防本部の協力を得て「BLS」の講習を実施しています。事務職員から医師まで隔てることなく受講生を募り、実践に則したコースを行い、受講された方に配布する目的で製作されました。



“3ヶ月に渡って行われる救急指導を修了した方に贈呈”
順天堂大学医学部 順天堂大学医学部
救急・災害医学研究室 様
「救急指導修了章」

完成品はその名が示す通り、順天堂大学病院の救急外来で3ヶ月に渡って行われる救急指導を修了した方に、オリジナルのステイタスグッズとして贈られます。「外から見て認識でき、形になる物を用意したい」という思いから、ネームプレートなどへの提示に適したサイズであるバッジを修了の証として製作されることになりました。



“「BLS(一次救命処置)」「ALS(二次救命処置)」の講習修了者に配布”
ANDOメディカルコントロール協議会 様BANDOメディカルコントロール協議会 様
「BANDO−BLS」「BANDO−ALS」ピンバッジ

BANDOメディカルコントロール協議会様は、救急医療の質の向上を目的に心肺蘇生法の講習会を実施されています。ピンズファクトリーでは、その一次・二次救命処置の講習会で、各々の修了者に配布するためのオリジナルアイテム「BANDO−BLS」「BANDO−ALS」ピンバッジの製作を承りました。



“ICLSセミナーを修了された方に修了章として授与”
消防職員 小島剛 様
「ICLSバッジ」 消防職員 小島剛 様
「ICLSバッジ」

 ICLSバッジは、ICLSセミナーを修了された方に授与される修了バッジとして製作されました。「ICLS」とは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字から取った略語で、突然の心停止に出会った時の対処法を学ぶ医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。セミナー修了後、受講者のみなさんはICLSバッジを胸にそれぞれの職場へと戻られます。



“ICLSコースのインストラクターと受講生に配布”
順天堂大学医学部 国保直営総合病院君津中央病院 様「ICLSピンズ」

ピンズファクトリーが承った「ICLSピンズ」は、この心肺蘇生講習を修了した方々への記念品として配布するために製作されました。文字のバックはピンクとオレンジ、2種類の仕上げで製作され、ピンク色はインストラクター用、オレンジ色は受講生用という使い分けをされています。多くのメッセージ性を持ち、看護師の方が名札に付けて使用されるなど、受講後のモチベーションアップに役立っているようです。



“ICLSコースの受講者全員に配布”
熊本ICLS協会 様
「Kumamoto ICLSピンズ」 熊本ICLS協会 様
「Kumamoto ICLSピンズ」

以前から、コース受講者に何か記念になるものを渡したいと思っていました。そして、救急蘇生法の指針が改定され、そのアップデートの証となるものをと考えた時に、「ネームホルダーにさりげなく付けられて、業務のさまたげにならない」ということで、オリジナルピンズを製作することになりました。デザインには、これまで使用していたロゴマークをシンプルに改良したものを使用しました。



“スタッフを含むイベント参加者に配布して仲間意識を強化”
横浜メディカルラリー事務局 様
「横浜メディカルラリーピンバッチ」 横浜メディカルラリー事務局 様「横浜メディカルラリーピンバッチ」

今回の作品「横浜メディカルラリーピンバッチ」は、このマークの上に「YOKOHAMA」、横に「Medical Rally」の文字、バックは白、黄、ピンクと3種類のパターンで製作されました。ご依頼主の横浜メディカルラリー事務局様は、横浜市立大学医学部キャンパスで行われた、市内では初の開催となる「第1回横浜メディカルラリー」でこのバッチをスタッフの方に配布して、仲間意識を強めるために使用されました。



“心肺蘇生法の講習会参加者に記念品として配布”
順天堂大学医学部 ライフサポート沖縄 様
「Life Support OKINAWA」

心肺蘇生法は「CPR」とも呼ばれており、これは英語で「心肺蘇生法」を表す「Cardio-Pulmonary Resuscitation」の略語。 CPR の基本は、とにかく早く心臓マッサージを始めて、とにかく早く電気ショックをかけることです。講習会を通して心肺蘇生の重要性と処置方法を広く世の中に伝えるために活動しています。講習会の参加者は、100人を超えることもあり、みなさんに受講の記念品を差し上げています。



“救急蘇生法を広めるため、受講生やインストラクターに配布”
ACLS岐阜 様「ACLSピンズ」 ACLS岐阜 様「ACLSピンズ」

ACLS岐阜様では、救急蘇生法を県内に広めようと精力的な活動をされており、この「ACLSピンズ」は、そのためのツールとして大きな役目を果たします。医療関係者が多い受講生やインストラクターに配布されるピンズは、受講の記念になるとともに、勤務時のネームホルダーに付けるなどして日頃のモチベーションアップにもつながります。



“心停止の蘇生トレーニング講習会の修了証として”
共立湊病院 様「ICLS (心停止の蘇生トレーニング)修了認証バッチ」 共立湊病院 様「ICLS (心停止の蘇生トレーニング)修了認証バッチ」

ピンバッチというアイテムを選んだ理由は、「身に付けていても患者様に負傷させない」という必要条件を満たしていたから。業務の内容上、直接患者様の身体に接する場面が多いため、丸型で凸凹のない形状であることが必須条件。その点、ピンバッチなら、さまざまなオリジナルデザインに対応できるということで、まさにうってつけでした。



“連帯感を高めるための会員章として”
山形プレホスピタル外傷研究会 様
「YPTEC 会員章」 山形プレホスピタル外傷研究会 様
「YPTEC 会員章」

「会員章を作ろう」ということになったのは、会員同士の連帯感を高め、救護現場でのより積極的な活動を促進するためでした。デザインにはかなり苦労しました。テーマは「命を守る盾」です。外傷現場に必要な「スピード」を表現するために、盾の中央部分のデザインには救急関係でよく使われるマークをモチーフにし、色は地金の銀をベースに紺、白、赤を施しました。



“より多くの方に入会していただくための会員章として”
NPO法人大阪ライフサポート協会 様「会員章」 NPO法人大阪ライフサポート協会 様「会員章」

これまでに8,000名以上の医療従事者に対し2次救命処置の講習会を行ってきました。今後、一般市民も対象としてますます活動の範囲を広げ、より多くの方に会員になって頂くことを目指し、会員章を製作いたしました。デザインは協会のロゴをそのまま使用しました。葉がそれぞれ、赤・黄・黒・緑に色分けされた四葉のクローバー。これは協会のインストラクターが考えたものです。このカラーは、心電図のリードと、トリアージのタグカラーを表しています。



〜もっとピンズ実例が見たい!〜
500以上の豊富なピンズ製作実例はこちら

〜ピンズの実物が見たい!〜
ピンズのサンプルを無料で差し上げます。こちらをどうぞ。

〜ピンズの製作費用を知りたい!〜
お見積もりはこちらから。具体的なイメージになっていなくても大丈夫です。

PINS FACTORYとは…
PINS FACTORYはオリジナルデザインのPINS(ピンズ、ピンバッジ)を受注製作する専門メーカーです。
1990年の設立から今日まで、PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作において多くのお客様のご支持と応援のおかげで、抜群の実績と経験(企画、デザイン、仕様設計、コンサルティング)を積み重ねてきております。

私たちの仕事は完成品の販売ではありません。
オリジナルデザインの作品をお客様とのコラボレーションで生み出すことが、私たちの使命の中核です。

PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作は1デザイン(作品)ごとにお客様との共同作業(コラボレーション)が存在します。 だから、どんなに経験を重ねても日々新しい勉強と発見、そして楽しみがあるのです。
このことを深く感謝しつつ、さらなる技術(企画・デザイン・製作・・・)の積み重ねをしてお客様との共同作業(コラボレーション)の品質を高める努力をしていくつもりです。
今後もピンズ製作を通じて、お客様の大切なメッセージを的確に伝えるお手伝いをしていきたいと考えております。

PINS FACTORYのPINS(ピンズ、ピンバッジ)に対する考え
私たちのミッションは、“We give small things the power to tell your best message.”です。つまり、“小さなもの(ピンズ)”にお客様の発する大切なメッセージを“語る力”を与えることです。
最も重要なのは、もちろん受け取った人にすぐにメッセージを想起していただくことです。しかし、5年、10年、20年・・・と経って、ピンズを手にする人が、「あの日」「あの場面」を、手のひらにある“小さなもの”を渡した人の笑顔と共に思い出す時こそ、私たちの仕事のうちの“いくばくか”が完了する時だとも思うのです。 このミッションのために、ピンズファクトリーは存在しているのです。

ページ閉じる スペーサー ピンズファクトリートップページへ
オリジナル ピンバッジ作成 / 救急医療特集