ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

フードビジネス業界で利用されるピンズの製作実例ご紹介

子どもから大人まで、消費者にもっとも身近なフードビジネス業界。オーダーメイドのピンズなら、スタッフ用バッジのほか、開店・周年記念品、常連の方々へのプレゼント、イベントやキャンペーンなど、様々なシーンでお客さまの印象に残るツールとしてご利用いただけます。



社員の情熱と資格取得の喜びを自社製品になぞらえたライセンス章


当社に製作が託された「ビヤエキスパートピンズ」は、年に1回実施される社内資格の認定を受けた方々が、自身のプライドと共に着用するオリジナルアイテム。デザインのモチーフは栄光の「赤い一つ星」をあしらったジョッキです。作品名にもある「ビヤエキスパート」は、いわば生ビールのプロフェッショナルで、器具の分解組立や抽出に加え、生ビールラインの洗浄実技に筆記試験など、いくつもの難関を突破しなければなりません。完成品は、ビール部分の微妙な色も本物同様の透明色を用い、ビールの泡まで忠実に再現されました。こちらは試験の実施後に認定証と併せて合格者に送付されたとのことで、モチベーションアップにも役立っているとのお話をいただく事ができました。

≫「ビヤエキスパートピンズ」詳細はこちら



株式会社サッポロライオン 様
「ビヤエキスパートピンズ」


プリン発売50周年を記念し製作されたメモリアルピンズ


洋菓子製造・販売、喫茶・レストラン事業者として全国でその名を知られている老舗洋菓子メーカー、株式会社モロゾフ様よりご製作を承ったのは、「PUDDING 50th ピンズ」です。 1962年の発売以来、お子様から大人まで今も愛され続ける、モロゾフ株式会社様の洋菓子作りのこだわりが詰まった代表的なスイーツ、カスタードプリンの発売50周年を記念して製作されました。モチーフとなったのは、カスタードプリンをイメージした可愛らしいキャラクター「プリーナ」です。完成品は「サンクスプリンキャンペーン2012」の期間中、店頭で販売スタッフの方々全員が着用されたとのことで、「お客様の目にもとまり期待していた効果が得られました」とのお言葉をいただく事ができました。

≫「PUDDING 50th ピンズ」詳細はこちら



モロゾフ株式会社 様
「PUDDING 50th ピンズ」


北海道イチオシのブランド米「ゆめぴりか」のアピールにむけてのノベルティ


札幌市中央区でレストランや食品の製造・販売など、地産地消にこだわったフード関連の事業を営まれ、食を通じて未来の地球を考える株式会社AEI INTER WORLD様よりご製作を承ったのは、「円山ぴりかピンズ&ストラップ」です。デザインを手掛けられたのはプロのデザイナーさんで、生まれ育ったのは地元の札幌・円山という「ぴりかくん」、人懐っこい表情で宣伝に余念がないのは、自身の名前と同じ「円山ぴりか」という北海道限定のおせんべいです。パウダースノーのような純白の体を本七宝と金メッキで美しく仕上げられ、SPツールとは思えないような出来栄えとなりました。2つの可愛らしいアイテムが、米菓「円山ぴりか」に込められた郷土愛とこだわりを、多くの人に伝えてくれることでしょう。

≫「円山ぴりかピンズ&ストラップ」詳細はこちら



株式会社AEI INTER WORLD 様
「円山ぴりかピンズ&ストラップ」


新店オープンPR用のオリジナルグッズとして


海外のレストランと提携し、世界各国の「本場の味」を追求する、中央区築地に本社を置かれる株式会社M・R・S様よりご製作を承ったのは、品川のホテルパシフィック東京にアジアンエスニックのレストラン「シンガポール・シーフード・リパブリック」を開店され、新店オープンPR用のオリジナルグッズ「Singapore Seafood Republic ピンズ」です。シンガポール料理はカニを使うことが多いので、デザインは「マッドクラブ」というカニをモチーフに社内のデザイナーさんが起こされたものです。これまで、開店PRには風船を使用されたことがあるそうですが、「ピンズは低コストでインパクトがあり、広く配布できる」と、チラシに付けて品川駅前・駅中で手渡され、非常に高い率で受け取ってもらえたとのお話をいただく事ができました。

≫「Singapore Seafood Republic ピンズ」詳細はこちら



株式会社M・R・S 様
「Singapore Seafood Republic ピンズ」


常連さんに贈る心を込めたプレゼントとして


黒いグランドピアノ・赤いカクテルが入ったグラス・金色の八分音符がバランス良く配置され、常連さんに贈るプレゼントとして誕生した「THE BAR BARBRA ピンバッチ」は、東京都中央区で作品と同じ名前のバーを営まれる株式会社バーブラ様から承ったオリジナルグッズです。完成品は贈り物として活用されるだけでなく、ご希望の方に販売もしていらっしゃるそうで、特製の台紙にセットしたプレミアムな仕様や、高品質な出来栄えも反響を呼んでいるご様子です。お店を訪れる方は40~50代のミドルエイジを中心とする20~80代までの幅広い世代です。銀座7丁目の地下に広がる大人の空間では、グランドピアノの心地良い演奏に耳を傾けながら、世界のウイスキーやカクテルを楽しむ人たちが、今日も大切なひと時を満喫されています。

≫「THE BAR BARBRA ピンバッチ」詳細はこちら



株式会社バーブラ 様
「THE BAR BARBRA ピンバッチ」


祝賀会に花を添える記念ピンズは優勝に輝いたカクテルがモチーフ


今回ご用命を下さった松尾一磨様は、「リトルスミス」というオーセンティックバーで、お客様を前に颯爽とシェーカーを振るプロのバーテンダーです。そんな松尾様がピンバッチの製作を思い立たれたきっかけは、バーテンダーコンクールで見事に優勝されたことでした。
松尾様を栄冠へと導いたのは名称に「輝かしい」や「名誉な」の他、「美しい」「楽しい」の意味も持つ「グロリアス」というカクテルです。デザインのベースにはこの優勝したカクテルを使用され、黄金色のカクテル部分には透明色を用い実物そのままのリアルな仕様で再現されました。完成品は同業者やメーカーの方も出席された優勝祝賀会で配布され、受け取った方たちはコンクールにも興味を示して下さった、とのことです。

≫「カクテルピンバッチ」詳細はこちら



松尾 一磨 様
「カクテルピンバッチ」


オープン10周年目を迎えることができた感謝の気持ちを込めて


BROWN JUG 様よりご製作を承ったのは、「10周年記念ピンバッチ」です。オープン10周年目を迎えることができた感謝の気持ちを込め、「参加者の方々に、何か記念になるものをお渡ししたい」ということで、そこで思いついたのがピンバッチとのことでした。モチーフはウィスキーの熟成に使われる樽で、樽の縁にはスコットランドの国花であるアザミをあしらい、店名を金文字、「10th Anniversary」を黒文字にてご製作されました。完成品は、「金色の渋い樽にかわいらしいアザミの花が印象的なピンバッチに仕上がり、大変満足しています。10周年記念パーティーには長年お世話になっている常連のお客様をはじめ100名ほどの方がいらしてくださいました。みなさん、名札とともにピンバッチを着用してくださったのですが、評判は上々でしたね。」とのお言葉をいただく事ができました。

≫「10周年記念ピンバッチ」詳細はこちら



BROWN JUG 様
「10周年記念ピンバッチ」


スタッフ全員の意識改革としてのピンバッチ


静岡県三島市に本部をもち、ラーメン、お好み焼き、とんかつ、ケーキ、カラオケ、ギョウザなどを取り扱うフードサービスチェーンである株式会社にしはらグループ様よりご製作を承ったのは、「スマイルマスターバッチ」です。10数年前から、お客様にくつろいでいただけるよう「スマイル賞」をスタッフに贈っているとのことで、以前は、ネームプレートにシールを貼って賞を称えていたのですが、4年程前、他社が同じような目的でピンバッチを利用していることを知り、モチベーションをより高めてもらうためにもオリジナルのバッチを製作することにされたとのことです。「スマイルマスターのピンバッチを貰ったスタッフは、自らのスマイルに自信を持ってそれまで以上の接客を心がけているようです。スタッフ全員の意識改革という点でも、ピンバッチを製作してよかったと心から思います。」とのお言葉をいただく事ができました。

≫「スマイルマスターバッチ」詳細はこちら



株式会社にしはらグループ 様
「スマイルマスターバッチ」


人々の感動を呼ぶ食の演出スタッフが着用するブランディング章


東京都港区元麻布のGlobe Caravan/株式会社ナーズアンドコー様は、各国の公邸料理人を務めるシェフによる世界各国料理のケータリングや店舗・メニューの開発を手がける組織です。今回ご製作を承った「Globe Caravanピンズ」は、企業向けに開催される600人前後の大型イベントで、スタッフの方々がお揃いで身に着けるブランディング章です。シンプルながらインパクトのあるデザインは、誇らしげなマークをかたどった円形の仕様です。完成品は社内でも大好評だそうで、「思った通りの出来で満足」とのお言葉をいただく事ができました。

≫「Globe Caravanピンズ」詳細はこちら



Globe Caravan/株式会社ナーズアンドコー 様
「Globe Caravanピンズ」


栄光を掴んだオリジナルカクテル「Luster」をモチーフにした記念品


今回ピンズの製作をご依頼下さったのは、京都市下京区のBar Rocking chair様です。2013年6月に開催された第40回全国バーテンダー技能競技大会で、オリジナルカクテル「Luster」が見事、創作(オリジナルカクテル)部門で優勝を勝ち取られ、優勝作品のオリジナルカクテル「Luster」をモチーフに、記念ピンバッジをご製作いただきました。完成品は、「Luster」の詳しいレシピを印刷した台紙に留めて、日頃お世話になっている同業者(バーテンダー)の方へ、受賞のご挨拶とお礼の気持ちを込めて手渡されたとのことです。カクテルの細やかな部分まで再現されたオーダーメイドのピンバッジは、レシピ付きだったことも大変好評で、オリジナルカクテルを印象付ける最適のアイテムとなりました。

≫「Lusterピンバッジ」詳細はこちら



Bar Rocking chair 様
「Lusterピンバッジ」


オープン20周年を迎えられた記念に


「オホーツクは愉しい」をテーマに、昭和57年からご当地で飲食店を展開されるジアスコーポレーション様よりご製作を承ったのは、「スコッチバージアス20周年ピンバッチ」です。 お店も会社と同じく「ジアス(THE EARTH)」と名付けられたスコッチバーです。直営のオーセンティックバーがオープン20周年を迎えられた記念にと製作されました。当社へのご用命は、同業のバーオーナー様から当社のスタッフをご紹介していただいたのがきっかけでした。承った作品はスタッフの皆さんが付ける記章としてのほか、お客様やバーテンダー仲間の同業者にも贈られたとのことです。

≫「スコッチバージアス20周年ピンバッチ」詳細はこちら



ジアスコーポレーション 様
「スコッチバージアス20周年ピンバッチ」


華麗な技を持つ実力者だけに与えられる名誉と誇りのライセンス章


神奈川県川崎市に本社を置く株式会社ビーリンク様が、スタッフに贈るはなむけとして製作されたオリジナルの資格章は「フレアバーテンダーライセンス認定証」です。作品名になっている「フレアショー」というのはバーテンダーによる華麗なパフォーマンスで、トム・クルーズ主演で大ヒットしたアメリカ映画の「カクテル」にも登場する超絶テクニックです。バッジはフレアショーの披露を許された「フレアスタッフ」が着用するためのもので、登用試験の合格者であることを示すデザインを考案されたのもチームの方々とのことです。受け取った方々は自信をもって胸に着けているとのことで、今後も継続される試験の合格を目指す動機付けになっている、とのお話をいただく事ができました。

≫「フレアバーテンダーライセンス認定証」詳細はこちら



株式会社ビーリンク 様
「フレアバーテンダーライセンス認定証」


自社製品の歩みと信頼の品質をピンズで表現した誇らしげな記念品


県内の上田市を拠点に食肉加工業を営まれる信州ハム株式会社様が製造・販売するのは、長い歴史が培ったノウハウを惜しげもなく投入したハムやベーコン・ソーセージです。 当社が製作を承ったオーダーメイドアイテムは、信頼の証をピンズに仕上げた「グリーンマーク」バッジで、同社の看板商品でもある無添加「グリーンマークシリーズ」の発売40周年を祝うアニバーサリーグッズです。過去、発売35周年の際の記念バッジのご製作の際にもご用命を下さった信州ハム株式会社様より、再度ご依頼をいただきました。「要望を聞き入れた丁寧で的確なアドバイスや、迅速なサンプル提供がありがたかったです。何より納期にできる限りの手配をしていただき感謝しております」とのお言葉を頂く事ができました。

≫「グリーンマーク」詳細はこちら



信州ハム株式会社 様
「グリーンマーク」


▲ページの先頭へ