ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

リボンピンズの製作実例ご紹介

ピンクリボンやレッドリボンなど、その色によって異なる啓蒙を促すリボン運動。より多くの方々へ理解を広めるツールとして、今、リボンピンズが注目されています。


こだわりのデザインが目を引くピンズは啓発とPRの両方で大活躍


■込められた思いと用途
人々への乳がん診療に関する啓発と地域PRの両方に貢献をと、島根県のご当地キャラ「しまねっこ」と乳がん撲滅を訴える「ピンクリボン」がコラボレーションした姿が「しまねっこピンクリボンPINS」です。地域を想う気持ちと、ご依頼主の島根乳房診断・技術研究会「チームマンモ」様の乳腺診療の研究に注ぐプロとしての使命感が、小さな可愛らしい姿でピンズに凝縮されました。
■オリジナルポイント
島根県のご当地キャラ「しまねっこ」と乳がん撲滅を訴える「ピンクリボン」を、神話の国らしく「天女」の姿になぞらえ、ピンクリボンを羽衣のように表現されました。

≫「しまねっこピンクリボンPINS」詳細はこちら



島根乳房診断・技術研究会「チームマンモ」 様
「しまねっこピンクリボンPINS」

鳥取県のキャラクターを組み合わせたピンクリボンバッジ


■込められた思いと用途
乳がんの早期発見と早期治療のシンボルとしてトリピーピンクリボンバッジをご製作されました。医療関係者の女性をはじめ、一般のお子様から年配の方まで「可愛い!」と広くご購入いただき、収益金の一部は運営資金として活用されているとの事です。
■オリジナルポイント
作品は鳥取県の特産物「梨」をモチーフにした水兵さん姿の鳥取県を代表するキャラクター“トリピー”と、乳癌啓蒙活動を表す世界共通のシンボル「ピンクリボン」を組み合わせご製作されました。

≫「トリピーピンクリボンバッチ」詳細はこちら



米子ピンクリボンフェスタ実行委員会様
「トリピーピンクリボンバッチ」

日立市の花をモチーフにしたピンクリボンバッジ


■込められた思いと用途
乳がんによる死亡者数を減らすため、日立や県内の沢山の方々に知ってもらいたいと願って活動されているピンクリボンクラブひたち様。2004年の設立から10年という節目に茨城県から感謝状をいただいたのをきっかけに、記念としてピンクリボンバッジを今回ご製作いただきました。
■オリジナルポイント
日立市の花である「サクラ」をモチーフに3色のピンクが鮮やかなリボン、サクラの真中にラインストーンが輝き華やかさが増したデザインは、設立時からのもので多くの方々に愛され続けています。茨城県の北部を中心に講演活動や地域のイベント等で乳がん検診の大切さを伝えてこられた結果、日立市では検診の受診率が向上し、目に見える形で運動が広がっているとの事です。

≫「ピンクリボンピンバッジ」詳細はこちら



ピンクリボンクラブひたち様
「ピンクリボンピンバッジ」

募金に協力してくださった方への感謝の気持ちとして


■込められた思いと用途
乳がん早期発見の検診用機器を医療機関に寄付するために、BARカウンターに本物のシェーカーをアレンジした募金箱を設置。
募金に協力してくださった方への謝礼としてピンクリボンバッジを使用されているとの事です。またお店では、乳がん撲滅を願って生まれた「ピンクリボン」というオリジナルカクテルも味わえるそうです。
■オリジナルポイント
ピンクのリボンに銀のシェーカーを小さくあしらってBARらしさを演出されました。

≫「ピンクリボンバッジ」詳細はこちら



ガスライト様
「ピンクリボンバッジ」

「地域」と「医療」のコラボが生んだシンボルピンズ


■込められた思いと用途
乳がん撲滅のシンボルで知られる「ピンクリボン」と、徳島県のイメージキャラクター「すだちくん」が医療というキーワードで1つになった特製ピンズ。完成品は、徳島県域で乳がん治療に取り組む医療従事者の方々が身に着けるシンボル章となりました。
■オリジナルポイント
徳島県の特産品すだちをイメージしてつくられたイメージキャラクター「すだちくん」と、乳がん撲滅のシンボルで知られる「ピンクリボン」とがコラボレーションしました。

≫「すだちくんピンクリボン」詳細はこちら



NPO法人徳島乳がんネットワーク様
「すだちくんピンクリボン」

暴力のない世界を創りたい


■込められた思いと用途
暴力の無い男女共同参画社会の実現を目指す大阪府のNGO団体、公益財団法人大阪YWCA様の「暴力のない世界を創る!」という強い思いが込められています。
■オリジナルポイント
「女性への暴力と児童虐待は互いに影響し合っている」との考えを基に、女性エンパワメント部委員会のミーティング中に生まれたというアイディアから、児童虐待防止のシンボルマークである「オレンジリボン」と、女性に対する暴力根絶運動のシンボルマークである「パープルリボン」を表裏として組み合わせ、既存のリボンの縦長のデザインではなく、丸みをつけかわいらしい製品に仕上げられました。

≫「オレンジ∞パープルリボン」詳細はこちら



公益財団法人大阪YWCA 様
「オレンジ∞パープルリボン」

若年性乳がん検診の早期受診啓発活動のサポートグッズ


■込められた思いと用途
「子供達の幸せはまず親の余裕から」という理念に基づき、様々な理由で単身家庭となった小さなお子様をお持ちのママさんたちをサポートしている特定非営利活動法人ひとり親自立支援会ALIVE様。若年性乳がん検診の早期受診啓発活動の一環として、サポートグッズの内の1つとして今回ご製作いただきました。
■オリジナルポイント
乳がん啓発運動の世界的なシンボルであるピンクリボンをデザインモチーフにし、裾のグラデーションを再現するため、工法はオフセットプリントを採用されました。上に重なったリボンにはカラフルな「ALIVE」のロゴが入った、オリジナルアイテムとなりました。

≫「オレンジ∞パープルリボン」詳細はこちら



特定非営利活動法人ひとり親自立支援会ALIVE 様
「ALIVE PINK RIBBON PROJECT」

デートDV防止啓発ピンバッジ


■込められた思いと用途
子どもへの暴力を防止する「CAPプログラム」や、女性向けのセルフディフェンス講座、デートDV防止講座の提供に加え、それらを通信・ホームページで広報する「啓発事業」を推進していらっしゃるNPO法人青い空様。今回のバッジは団体設立15周年の講演会とシンポジウムで配るアイテムとしてご製作いただきました。オーダーメイドピンズのメリットである、“年齢や性別に関係なく誰でも気軽に身に付けられ、話題づくりにもなる”事に着目され、今回ピンバッジをお選びいただきました。
■オリジナルポイント
女性への暴力根絶を訴える「パープルリボン」を基本モチーフとし、紫の濃淡と、ニッケルメッキ仕様にクリアのラインストーンを一石あしらい、優しさの中にかわいらしさが漂うバッジとなりました。

≫「デートDV防止啓発ピンバッジ」詳細はこちら



NPO法人青い空様
「デートDV防止啓発ピンバッジ」

自ら尊い命を絶ってしまう悲劇を食い止めたい


■込められた思いと用途
福島県内の郡山市保健所様は、精神保健福祉事業の一環として自殺予防の啓発活動を推進されています。自殺のない社会づくりに向けた訴求効果が望まれる「自殺対策リボン」であるグリーンリボン。リボンは「つながる・結ぶ」という意味をもち、明るい緑色には命をつないで芽吹く・生きる力の回復という意味が込められ、縁取りの金色は、生きることの証やプライドを表しています。リボンバッジは、議員さんや保健所関係者の方々へ配られたり、自殺予防強化月間でもある3月のパネル展でご来場された方々などに配られました。
■オリジナルポイント
自殺のない社会づくりに向けた訴求効果が望まれる「自殺対策リボン」は、仙台グリーフケア研究会の高橋聡美さんによるオリジナルデザインとの事です。

≫「自殺対策リボン」詳細はこちら



郡山市保健所様
「自殺対策リボン」

小さな一つのリボンが誰かの命を救う大きな役目を果たす


■込められた思いと用途
埼玉県の熊谷市を中心に「乳がんを自分の問題」として捉え、早期発見や早期治療の大切さを訴える「くまがやピンクリボンの会」様。デザインのモチーフとなった熊は“win”という名前なのだそうで、『人生に勝つ、癌に勝つ』の思いが込められています。金色の縁取りが華やかさを強調しながらも強い思いが込められた特製ピンズは、講演会のほか、ピンクリボン啓蒙活動を行う団体と日本対がん協会主催「全国ピンクリボンネットワーキングセミナー」において配られました。
■オリジナルポイント
作品はピンクリボンと熊のイラストを組み合わせ、リボンの交差部分をくり抜き、金色の縁取りで仕上げたこだわり仕様となりました。

≫「くまがやオリジナルピンクリボン」詳細はこちら



くまがやピンクリボンの会 様
「くまがやオリジナルピンクリボン」

検診の重要性を喚起し乳がん死の減少を目指したい


■込められた思いと用途
積極的な乳がん検診の啓蒙に取り組んでいらっしゃいます南和歌山医療センター乳腺外科のブレスト・ケア・チーム様が主体となってご製作くださったのは、キャラクター「弁慶」が“乳がん撲滅”をアピールする「ピンクリボンピンズ」です。同センターがある和歌山県田辺市は弁慶生誕の地である事から、キャラクター「弁慶」とピンクリボンをくみあわせてデザインされました。
■オリジナルポイント
デザインは平成21年12月まで同センターに勤務され、現在は和歌山県立医科大学に在籍される内藤先生が手がけられました。「作りやすいように線が連続になるよう、シンプルなものを考えた」との事で、とてもかわいらしく、親しみやすいリボンピンズとなりました。

≫「ピンクリボンピンズ」詳細はこちら



南和歌山医療センター様
「ピンクリボンピンズ」

社内外でピンクリボン活動を推進する効果が得られると期待


■込められた思いと用途
充実した医療環境づくりのために様々なプランを提供されているアイティーアイ株式会社様。取り組まれている活動のひとつに、「ピンクリボン活動」があり、啓蒙活動のツールとして今回、オリジナルピンズをご製作されました。出来上がったピンズは全社員に配布し、その際に任意の金額で募金をお願いし集まったお金を寄付されるご予定との事です。
■オリジナルポイント
乳がん撲滅運動であるピンクリボン運動のシンボルマークのリボンと、社名英語表記の頭文字である「I」の筆記体を組み合わせたデザインのピンズは、少し大きめの26mmサイズ。金の縁取りがピンク色を引き立て、女性に好評のとても可愛らしい仕上がりになりました。

≫「アイティーアイ“愛のピンクリボン”」詳細はこちら



アイティーアイ株式会社様
「アイティーアイ“愛のピンクリボン”」

病気や障害を抱える方の地域生活が輝くように


■込められた思いと用途
東京都港区を拠点として心の病を抱える方々の地域生活を支援されているNPO法人みなとネット21様。脳に起因する病気や障害を抱える方への偏見をなくすことを目指し、その病気や障害の啓発を目的として「みなとネット21オリジナルシルバーリボン」をご製作されました。リボンのデザインは、“脳に起因する”ということからハートをモチーフとし、“病気や障害を抱える方の地域生活が輝くように”との願いを込めて星型のカットを入れ、輝きをイメージしたとのことです。出来上がったリボンバッジは、福祉施設や区民向け公開講座参加者に配布されました。
■オリジナルポイント
完成品は、上部をハートの形に切り抜き半立体型を使用し、さらにリボンの交差部分に段差をつけたことで存在感のあるリボンへと仕上がりました。

≫「みなとネット21オリジナルシルバーリボン」詳細はこちら



NPO法人みなとネット21 様
「みなとネット21オリジナルシルバーリボン」

デートDVの予防・啓発を呼びかけるためのアイテム


■込められた思いと用途
恋人同士の間で起きる暴力「デートDV」を多くの人に知ってもらい、無くしていきたいという活動を続けていらっしゃる特定非営利活動法人エンパワメントかながわ様から今回ご製作を承ったのは、デートDVの予防・啓発を呼びかけるためのアイテムです。2トーンのスプリング・グリーンリボンには未来を予感させる新芽の力をイメージし、クリアのラインストーンをあしらうことで、若者たち一人ひとりの輝く力を表現されました。完成品は、設立5周年を記念したシンポジウムでお披露目され、集まった方々にも「かわいい」と大好評だったとの事。多くの方からの支援は、デートDV電話相談の開設・運営のために役立てられています。
■オリジナルポイント
リボンの中心部をくり抜き、軽やかな2色のグリーンカラーに1粒の大きなラインストーンがあしらわれたリボンピンズは、若者ののびやかで輝かしい未来を想起させる、活動的な印象を持ったグッズとなりました。

≫「スプリング・グリーン・リボン」詳細はこちら



特定非営利活動法人エンパワメントかながわ 様
「スプリング・グリーン・リボン」

エイズ患者への差別をなくし理解を促したい


■込められた思いと用途
今、世界では様々なエイズ撲滅運動が展開されていますが、そのシンボルとなっているのが有名な「レッドリボン」です。そのレッドリボンがモチーフとなり、エイズ撲滅運動のシンボルとして「AIDSピン」が製作されました。エイズ患者への差別をなくし、理解を示すことへの思いが込められた「AIDSピン」は、クラブメンバーの方々から世界に向けて販売され、売上はエイズ救済の資金に充てられています。
■オリジナルポイント
黒色のベースに赤いリボン、その下に白い字で「Y'S MEN INTERNATIONAL」と3色のコントラストが引き立ち、気品を保った仕上がりです。グラデーション表現が可能なオフセット印刷を採用されて、リボンの微妙な表現にも工夫が施されています。

≫「AIDSピン」詳細はこちら



ワイズメンズクラブ 様
「AIDSピン」

開発途上国の母子の命を守る活動、ホワイトリボン運動


■込められた思いと用途
「ひとりひとりが健康になれば、世界はきっと幸せに向かう」をコンセプトに、おもに開発途上国のお母さんと赤ちゃんの命を守る活動を行っているNGO団体ジョイセフ様。『ホワイトリボン運動』にできるだけたくさんの方々に参加していただきたいと考え、「ホワイトリボン」をデザインしたチャリティバッヂを製作し、ネットで販売することになりました。モチーフの「白いリボン」には、妊娠や出産により死亡した女性たちへの哀悼の意が込められており、「安全な母性」を推進する国際的なシンボルとなっています。
■オリジナルポイント
"ひと目ピンバッヂを見たとき、それまでの苦労も吹き飛んでしまいました。"という、このホワイトリボンピンバッヂ。リボンに立体感があるのが特徴で、"思った以上に上品な仕上がりでした。"とのお言葉をいただけました。

≫「ホワイトリボンバッヂ」詳細はこちら



財団法人ジョイセフ様
「ホワイトリボンバッヂ」

身につけることで意識化に繋げる


■込められた思いと用途
HIV/AIDSの啓発活動をなさっている宗教法人カトリック中央協議会カリタスジャパンHIV/AIDSデスク様からご依頼いただいたのは、エイズ撲滅運動のシンボルであるレッドリボンと十字架を組み合わせた「レッドリボンのストラップ」です。「年齢・性別に関係なく、誰でも使えて目立つ」という理由からストラップというアイテムを選ばれたとの事。レッドリボンの携帯ストラップは、「身につけることで意識化に繋げる」、「身につけることによって周囲の人達との会話の糸口となり、HIV/AIDSに関する正しい知識を広め、感染者に対する差別や偏見をなくしていく」という目的のために製作されました。頒布金の一部が募金としてHIV/AIDS啓発のために役立てられます。
■オリジナルポイント
モチーフとなったのは、エイズ撲滅運動のシンボルであるレッド リボンと十字架です。完成したストラップは、同団体様のホームページやキリスト教系新聞で頒布の告知がされて女性からの問い合わせが多く、大きさも値段も手ごろで年齢を問わず好評とのお話をいただきました。

≫「レッドリボンのストラップ」詳細はこちら



宗教法人カトリック中央協議会 HIV/AIDSデスク様
「レッドリボンのストラップ」

意思の強さと可愛らしさが感じられる女性らしい啓発グッズに


■込められた思いと用途
女性のためのカウンセリングやワークショップの開催、子育て中の女性のサポートなどさまざまな活動を行う中、「女性に対する暴力をなくそう」という運動もされている名古屋市中区に本部を置く名古屋YWCA(財団法人名古屋キリスト教女子青年会)様。今回、配偶者や家族に対する暴力や、女性、子供などへの暴力防止を訴える運動のシンボルとなっているパープルリボンのストラップをご製作いただきました。このストラップは名古屋YWCA様の窓口で販売されており、売り上げ金の一部を沖縄基地建設反対運動の団体や、女性のための活動に寄付されているとのこと。ラインストーンをあしらい「No Violence(暴力反対)」という金文字が刻印された作品は大変可愛らしい仕上がりとなり、ストラップという身につけやすいアイテムという事も相まって、売れ行きは大変好調との事です。
■オリジナルポイント
紫のリボンにピンクのラインストーンを一石あしらい可愛らしいイメージではありますが、リボンには「No Violence(暴力反対)」という金文字が刻印されており、可愛らしさの中にも強い意志を感じられる作品となりました。

≫「パープルリボンストラップ」詳細はこちら



財団法人名古屋キリスト教女子青年会(名古屋YWCA)様
「パープルリボンストラップ」

▲ページの先頭へ